所沢でいじめられっ子の母親は押しに弱いタイプで出会い系をよく利用する44歳熟女

夕方まだ早いころ僕と吉田はいじめられっ子の部屋でゲームをしています。

 

狭い子供部屋に中学3年生の少年が3人。

 

僕(谷口)と吉田はガタイも大きくいじめをする側のませガキ。

 

この家の子の芳樹はいじめられっ子で、学校も休みがち。

 

中学に入学当初は特殊学級にも入っていた一寸ダウン症気味の根暗なやつです。

 

なんで、水と油のようなタイプの僕らと芳樹が一緒に遊んでるかって、もちろん、エロい母親が目当てでした。

 

僕の母親と同じ年の44歳のおばさんは、ひ弱で引きこもりがちな息子に友達が出来てそれはそれは喜んでました。

 

この母親が出会い系サイトPCMAXを利用していると聞いてました。子供の問題を解消するために利用しているとか?

 

これは、童貞をすてるチャンスだ。

 

そもそもは僕が学校を休んでる芳樹に、連絡帳を届けに来たのがきっかけでした。

 

「まあ、まあ谷口君わざわざありがとうね、さあ入って」

 

小柄なおばさんは膝まであるエプロンで手を拭きながら嬉しそうです。

 

「芳樹、おりてらっしゃーい、谷口くんよー」

 

二階子供部屋の芳樹を呼ぶも返事もありません。

 

リビングに僕とおばさんの二人。

 

「もうずっと、部屋に籠ったままなのよ・・」

 

エプロンを脱ぐと結構大きな胸にドキドキします。

 

母親と同年とは言え女性と二人切りなんてそれだけで興奮します。

 

そういえば芳樹は色白で雰囲気は暗いけど可愛らしい顔です。

 

母親も首筋の皺こそ目立ちますが透き通るように肌が白く、顔立ちもよく見ると整っています。何よりオッパイが大きい。やりたい盛りの思春期の僕はもう軽く勃起していました。

 

 

PCMAX

 

 

「芳樹ってああだから、学校でいじめられてないか心配、先生はいじめは無いって言ってるけど・・・」

 

僕はVネックの胸の谷間に釘付け。

 

正直にいじめにあってる事を話すと

 

「やっぱり…どうしよう」

 

イジメにショックの母親。

 

俯いた横顔を僕はじっと見ます。

 

目頭の小じわは目立つけど自分の母親と色っぽさがまったく違います。

 

もちろん童貞の僕は大きな胸に見とれ、おばさんに同情どころじゃありません。

 

「谷口くん、強そうなんで、うちの子の味方してあげてね」

 

チャンスだとテンパって、僕はうっかり心の声を言ってしまいます。

 

「お、おばさんオッパイみせて、」

 

さして驚かないおばさん。

 

「芳樹は僕とダチらで守るから、ねえ、おばさん!」

 

もう股間はパンパンに膨れ、冷静でおれない中学3年生。

 

子供らしい直球の言葉。

 

しばらく悩んでいたが小さく

 

「芳樹の為よ、うん」

 

自分に言い聞かすように頷きVネックを頭から脱ぎだしました。

 

ブラの後ろのホックを外す為後ろに手をやりますが、そこでおばさんの動きがピタッと止まります。

 

「僕がいじめから守るから、はやく、おばさん」

 

弱いトコを突かれ、決心したようにブラを外しました。

 

オッパイがドサッと音を立てて垂れ落ちたように思えました。

 

ずっしりと垂れ下がる熟女のオッパイにはシミとシワが目立ち、乳頭も大きく500円玉くらいあります。

 

卑猥なイヤラしくて、くたびれた垂れ乳。

 

おもわず、オッパイに手が伸びます。

 

「あ、谷口くん見るだけでしょ、だめよ」

 

「守るから・・・」

 

その言葉に母親は弱いと分かり大胆になる15歳。

 

大きな乳輪に少したじろぎましたが、両手で量感タップリのオッパイを揉み始めるともう止まりません。

 

股間の熱い疼きを感じながら、夢中で初めてのオッパイを揉みながら乳首に吸い付きます。

 

スカートをめくりショーツの上から股間をまさぐると

 

「それは、だめっ」

 

手を突っ張って抵抗するが

 

「いじめから芳樹くん、守るから・・・」

 

この言葉でおとなしくなった、おばさん。

 

仰向けでゆっくりと腰を上げて大きな下着を自分で脱ぐと、無言で股を広げます。

 

 

「あの子をお願いよ、・・谷口くん・・」

 

 

ラグマットの上で膝を立てて両足を開き、女性器をさあ入れて!と晒してきました。

 

 

童貞の僕は入れる穴の位置を、エロ動画を必死に頭に描き確認すると、愛撫も忘れ湯気を立てるような肉割れにペニスを押し付けます。

 

おばさんは腰をくねらせ挿入をサポートしてくれます。

 

 

優しい母親だ。

 

 

膣穴らしき窪みに亀頭の先が入った感触を得て、

 

 

ここだ!

 

 

ズヌヌヌヌッ・・・

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

 

ジュクジュクの肉魂にペニスを突き入れていった。

 

根元までシッカリ入れて女性の温もりを初体験。

 

そして・・上半身裸でスカートをまくられたおばさんの上で僕は腰を振り立てました。

 

「あの子の為、あの子の為よ!・・あっ、あっ」

 

と言い聞かす様に小さく喘ぐおばさんを見下げながら、すぐに射精。

 

あっという間の初体験。

 

乱れた黒髪を指で直しながら

 

「芳樹をお願いよ、・・谷口くん」

 

定まらない視線で念押しするおばさんでした。

 

その後

 

親友の吉田に初体験を自慢し、芳樹の部屋に遊びに来るようになったのですが・・。

 

まあ、いっても中3の僕ら二人はそれから色っぽいおばさんを気にしながらも、特に美味しい事も無くソワソワと芳樹と遊ぶだけでした・・。

 

アフィリエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です