埼玉大宮で出会い系サイトで知り合った、美人なのにクサいのが好きという41歳鈴木京香に似の熟女!汗まみれのプレーを堪能!

僕は熟女専門なんです。高校生の頃、友達のお母さんとエッチをしたんです。

 

いやあ、今思い出してもあの友達のお母さん、最高のエッチをさせてくれましたね。

 

それからというもの、僕は自分が何歳になっても40代の女性とのエッチが異常に燃えるようになってしまいました。

 

だから、僕は自分の奥さん以外の女性とエッチをする時にはいつも40代の熟女ばかり物色してます。

 

最近知り合ったケイコさん(仮名)とはPCMAXで知り合ったんです。

 

僕の経験では、PCMAXはとても質の良い熟女と出会える事が多いので、ここ最近では僕のお気に入りになっています。

 

ケイコさんは41歳の人妻で、なんでも看護師の仕事をしているんだとか。

 

パッと見、女優の鈴木京香に似ていて、本当に美人なんです。

 

第一印象、とても清楚な女性という感じで、まさかあんな性癖があるなんて最初は思いも寄りませんでしたね。

 

PCMAXで知り合ったケイコさん。

 

最初はアプリ上のメッセでやりとりをしていたんですが、すぐに意気投合をしてLINEのIDを交換。

 

やりとりをLINEに移してからはやりとりの頻度も増えて、一層、意気投合してしまいました。

 

なんでもケイコさん、旦那さんとはお互いに仕事が忙してく完全にすれ違いの生活を送っているんだとか。

 

そんな愚痴っぽいLINEのメッセをもらった時、僕はこりゃ完全に欲求不満だな・・・と思いましたね。

 

ケイコさん、自分の愚痴やら暇つぶしに付き合ってくれていたので、完全に僕に心を許した様子です。

 

今度、夕方から会おうという事になりました。

 

待ち合わせはJR大宮駅の近く。約束の場所に行くとケイコさんはもうそこに来てました。

 

初めてケイコさんに会いましたけれど、写真のとおり本当にキレイですね。

 

PCMAX

 

なんか40代向けファッション誌のモデルにいそうな感じですよ。見た目、本当に美人ですし、ファッションのセンスもかなり良いんですから。どこか熟女の品の良さが漂っています。

 

僕はケイコさんをエスコートして予約しておいたお店でごはんを食べることに。

 

最初のうちはお互いに少し緊張してましたけれど、お酒も入って、美味しい料理を食べているうちに、LINEで交わしていた会話のように、ケイコさんは僕に心を許していろんな事を話し始めてくれました。

 

お酒が進むとケイコさん、看護師の仕事がどんだけ大変なのか、旦那さんとの生活が本当にツマラナイとか、そんな愚痴中心の話しばかりをするようになったんです。

 

僕の経験から言うと、愚痴をぶちまける女性って簡単に落とせちゃいます・・・。

 

親身に話しを聞いてあげながら、試しに僕はケイコさんの手を握ってみたんです。

 

最初は少し驚いたようですけど、すぐに彼女は僕の手を握り返してきました。

 

もうこの時、これはイケる!と思いましたね。

 

お店を出て、手を繋ぎながらしばらく二人でブラブラしてたんですけれど、不意に僕は彼女にキスをしてみました。

 

ケイコさんも僕のキスを受け入れてくれました。

 

もう、これは完全にOKですよね。僕はケイコさんとそのままラブホに向かったんです。

 

入ったラブホ、普通はすぐにシャワーを浴びますよね。

 

でもここでケイコさん、シャワーを浴びるのはNGだと言うんです。

 

その理由を聞いてみると、なんでも男性の汗の臭いが大好きだとの事で、シャワーを浴びないでそのままエッチをしたいと言います。

 

アフィリエイト

 

少し、僕は驚きましたけどね。

 

でも美人の熟女がそんな趣味を持っている事に少し新鮮味を感じました。

 

そんな事で僕もケイコさんもシャワーを浴びずにエッチを始めたんです。

 

ケイコさんとのエッチ、完全に彼女の方が僕をリードしてくれました。

 

ベッドの上に裸で横たわると、ケイコさんは汗にまみれた僕の体を舐め回すんです。

 

 

それこそ体のてっぺんから足の先までベロンベロンと舐め回してくれるのもだから、もう僕の興奮は絶好調。

 

そんな事で僕もケイコさんの体を舐め回してみました。

 

特に脇の下なんかを集中的に舐め回してみるとケイコさんのこの上なく気持ちよさそうによがっています。

 

ここまで女性に攻められたのは正直、初めてかもしれません。

 

なんか臭いフェチの熟女って本当にテクニックがすごい。

 

僕の体を舐める舌遣いが本当に絶妙です。

 

この素晴らしいテクニックは臭いフェチという性癖と熟女の経験値の高さで培われたものなんでしょうね。

 

フェラチオなんか、僕のチンコの根元からズボズボとしゃぶっていたと思えば、先っぽの方を繊細な舌遣いで気持ち良くさせてくれるといった感じでもう最高です。

 

完全にベッドの上でとろけそうになっていると、今度はケイコさんは騎乗位の体位でハメてくれました。

 

その腰使いと来たら・・・

 

最初はゆっくりと優しく腰をグラインドしていたのが、急に子宮の奥までズボズボとハメ込むかのように激しく腰を動かします。

 

そしてその時のケイコさんの表情がマジでいやらしくて僕も感じちゃいました・・・。

正常位、バック、横ハメ・・・。

 

もうその夜、僕はケイコさんと素晴らしいエッチを堪能しました。

 

最初は汗臭い男とのエッチが燃えるというケイコさんの性癖に驚きましたが、一方で熟女ならではのエッチのテクニックに完全に僕はハマってしまいました。

 

これは一晩だけの関係ではもったいなんですよね。

 

だから僕はケイコさんとその後も定期的に会ってエッチをしています。

 

ケイコさんと会う日はなるべく昼間からたくさんの汗をかくようにしてます。

 

僕が汗臭いほど、ケイコさん、凄いエッチをしてくれるもので・・・。

 

アフィリエイト