アナル責め好きな41歳熟女とのセックス

これまで、セックス目的の出会いには「PCMAX」を使用して出会いを探すという事を繰り返してきました。

 

真剣な交際を求める事は特に無かったので、割と広い年齢層の女性と会う⇒セックスを繰り返してきたような感じです。

 

主に掲示板を確認し、まずは「週末会えませんか?」などアプローチする内容のメール。そして返信が来た女性と連絡を取り合い連絡が続けば(というか連絡を取る以上はセックスするつもりでいますが…)会ってそのままホテルという流れです。

 

最近会った女性については、年齢は41歳の既婚者でした。

 

私同様、定期的にサイト・アプリで会える男性を探すなどして、体の関係オンリーで会っているという事でした。

 

この年齢層の女性については、目的は間違いなく会ってセックスする事なので(真剣な相手を探しているという事はまずありません。)

 

相手とメールのやり取りをしている時点で、ほとんどセックスが決まったようなものです。

 

そして私は「今度の土曜日に川口で待ち合わせ」という約束を取り付けると、当日まで期待に胸をはせながら過ごしておりました。

 

そして待ちに待った待ち合わせの日、勿論がっかりする様な出会いになる事だってありますが、元々守備範囲の広い私にとってはガッカリするような事など殆どなく、女性と会ってセックスが出来るというだけで十分と考えていました。

 

そして待ち合わせ場所のスタバに現れたのは、私が想像していたよりずっとキレイな女性。

 

体系について、スレンダーとまでは言えませんが、それなりにそそる体系をしていました。

 

自己紹介を軽く済ませると、そのままホテル方面に移動。

 

特に気取った事を言う訳でもなく、「じゃあホテル行きます?」だけでお互いに了承という感じです。

 

ホテルにつき、お互いに一緒にシャワー。多少腹回りにぜい肉は目立ちますが、それが何とも言えない中年女性のエロさを醸し出しています。

 

シャワーから上がり、お互いにベッドまで移動。

 

彼女はすぐ私にペニスに吸い付くと、ゴリゴリと激しく口の中で私のペニスをしごきだしました。

 

非常に手慣れた感じの強いフェラチオをされ、ようやく彼女の口からペニスが開放されたかと思うと、今度は彼女の舌先が私の肛門に。

彼女の下先が私の肛門をかき混ぜると、思わず私も「ビクッ!」と体がのけぞってしまいます。

 

片方の手でペニスを握られ、そして片方の指が私の肛門の中に。彼女は遠慮せず私の肛門の中をゴリゴリと擦ってきます。

 

今までに刺激された事が無かった感覚に、私は自分のペニスが物凄く硬くなっているのを感じました。

 

その間も、彼女の口は私のペニスを加えたり離したり、責めのパターンも非常に豊富で驚かされます。

 

そして彼女の指が私の肛門の奥に届き、私のペニスは今までに無いほどパンパンになっていました。

 

そんな様子に彼女も気づいているのか、ペニスをしごく手にも力が入ってゆきます。

 

私は耐える事ができず、そのまま一度目の射精。

 

驚くほど大量の精子が飛び散った事に、私も相手も驚いてしまいました。

 

少しシャワーで流した後、すぐ彼女の上にまたがりました。

 

連続での射精は厳しいかな?と心配でしたが、先程の余韻がまだ体の奥に残っているのか、彼女の裸を見るだけで
またペニスがガチガチの状態に。

 

彼女の下着を脱がすと、もの凄い洪水状態。

 

これは愛撫無しでもすぐ入りそうだと思った私はそのままペニスを思いきり彼女の奥に押し込みました。

 

彼女の喘ぎ声は非常に大きく、またそそるものがありました。

 

そのせいもあり、正常位のまま5分と持たず2度目の射精。

 

コンドームをつけてのセックスでしたが、コンドームの中にも大量の精子が出てしまっていました。

 

そんな感じで2回のセックスを楽しみ、それ以来はたまに連絡を取り合う関係に今までに会ったのは全部で4回ですが、まだまだ会って激しいセックスを楽しむ事が出来そうです。

 

 

こちらで無料登録できます。

↓    ↓    ↓

アフィリエイト