大宮で出会い系サイト出会った42歳篠原涼子う風な熟女と犯し犯されのアブノーマルな体験談

出会い系サイトPCMAXでは色々な趣向を持った女性と出会います。

 

そのなかで割り切りの関係を現在続けている熟女がいますが、S、M両方とも望む女性と出会った話です。

 

彼女のプロフには『最近ストレスが多くて欲求不満気味。誰か私の火照りを冷ましてくれる男性を探しています』。

 

見方によってはサクラや業者風な感じがする女性でしたが、試しにメールでのやり取りを続けていると意外に素人っぽい要素もたくさんで、特に危険性を感じることもありませんでしたので彼女との直接的出会いまで辿り着きます。

 

彼女は42歳のバツイチで現在は保険会社の外交員。

 

普段は営業担当でノルマノルマのストレス社会で追われる毎日みたいです。

 

見た目はタレント言うと篠原涼子う風なおっとりとした物静かそうな女性でしたが、飲み屋で彼女を口説き、いざラブホでプレイを始めると一変します。

 

一度目のラブホでは『私を虐めて欲しい』と言い出し、SMグッズが揃っているラブホを向かい、彼女に猿ぐつわと目隠し手錠などといったお決まりのSMグッズを利用し虐め倒しました。

 

彼女は完全に官能の世界へ入り込み、何度も私におねだりなしながらあらゆる体位で犯されます。

 

それから彼女との関係は徐々にエスカレートしていき、会うたびにSMグッズが取り揃ったラブホへ行っては官能のセックスを楽しみました。

 

そういった関係が続く中、半年ほど前に彼女からラインが入ります。

 

『今度はいつ虐めてくれるの?』。

 

その時期は出張続きで、彼女を責めてあげれることがあまりやれていませんでした。

 

どうにか時間を作った私は3日後に彼女と出会います。

 

いつものように彼女と待ち合わせしたあと、飲み屋へ向かいました。

 

しばらお酒を飲んでいると、彼女から『今日面白いモノ持ってきたの』と彼女は切り出しました。

 

そしてそっと袋から取り出したのが、アナル専用のエネマグラとリモコンです。

 

彼女は今日責め役をやりたいとのことで、私にアナルの拡張をすすめてきました。

それからリモコンのほうは、どうも彼女のパイパンマンコの中にはローターが挿入されているらしくスイッチを入れると振動を起こすみたいです。

 

あんまり公共の場でこういった経験の私ですが、なんとなく興奮も感じ始め、そのままトイレにいきエネマグラをアナルへ装着。

 

かなり以前に入れたことはありますが、久しぶりだとその刺激は格段に上がります。

 

再度もとの席に戻りますが、エネの突起物の関係でかなり座りづらい。

 

体制を何とか維持しながら拡張だけが目的なので我慢することにしました。

 

そしてリモコンのスイッチも入れてあげます。

 

彼女は私を見つめながら、ピクンピクンと体を震わせ、時折私の手を掴みながらその興奮を味わっている感じです。

 

その間お互い会話はなく、その興奮を味わい合います。

 

そして彼女から『もうしっかり拡張したでしょ…』と苦しそうに言ってきました。

 

私は静かに頷きそのままラブホへ向かいます。

 

部屋に入ると、彼女は自分のバッグから何かを取り出します。

 

それはペニスバンドです。

 

彼女はそれを装着すると私を四つん這いさせ、エネマグラをゆっくりと抜き取ってくれました。

 

私は一瞬便が出てしまうのではという衝動に駆られながらも、彼女からアナルにローションを塗りたくられ、即ぺニバンを挿入されてしまいました。

 

予定通りしっかりと拡張された私のアナルマンコは意図も簡単に挿入できます。

 

彼女は迷いなく激しく腰を振り続け、部屋中に彼女の腰と私の尻のぶつかり合う音が響き渡ります。

 

『パンパンパンパン』。

 

さすがにこれは刺激的で、私も『あー、いいー…もっと激しくー』と叫んでしまうほど。

 

その後彼女はソファーへ腰かけ、背面座位で私のアナルマンコへぺニバンを突っ込みました。

 

彼女は下から私のアナルマンコを犯し続け、隣の鏡を見ると私のペニスは前後上下に大きく揺れ動いています。

 

彼女は下から突きながら同時にペニスをシゴキ続けフィニッシュです。

 

彼女とのアブノーマルな関係は刺激的であり、今後もこの関係は続いていくと思います。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

PCMAX登録はこちらから