野外プレイで声をあげまくる45歳ブルゾンちえみに似の熟女とのセックス体験談

10年以上も前に出会い系サイトに登録しましたが、会えなくて結局断念してました。

 

最近学生時代の友人と会って飲んでいたら、出会い系サイトで女と遊んだ話をしてました。

 

そいつは結婚もしているくせに。独身の俺からしたら羨ましいかぎりです。

 

話を聞くと、簡単そうなのでそいつの使っているPCMAXに登録してみました。

 

写真も多くて、なんか昔と違っているのに驚きました。

 

試しに何人かを誘ったら二人と会えましたが、そのうちの一人の熟女が変わっていました。

 

いずみさんという45歳の熟女にメッセージを送ったら、深夜なら会ってもいいよと返事をもらいました。

 

夜中でもオーケーしたら、コンビニで待ち合わせとなりました。

 

コンビニにつくと、相手のいずみさんはもう待っていました。

 

小柄のボブヘアで、少しブルゾンちえみに似ています。お尻もデカ尻です。

 

でも、まあ遊べるなら贅沢は言ってられません。俺に気づいて向こうから声かけてきました。

 

「いずみですけど、◯◯さんですよね。」

 

「そうです。」

 

「良かった、来てくれて。早くつきすぎて。」

 

とりあえず、俺の車にのせて、少しドライブしました。

 

なんかすぐにホテルどうといえなくて、30分くらいブラブラしていたら、

 

「エッチ大丈夫?」

 

といずみさんから。やったーと思いつつ、冷静にはいと答えると、

 

「ねぇ私変わったのが好きなんだ。そのぉ外なんだけど。」

 

さすがに驚いていたら

 

「人には絶対に見られないから。だめ?」

 

困りましたが、なんか興味もわいてきてオーケーしました。

 

 

PCMAX

 

 

いずみさんに案内されてついたのは、山の斜面にある墓地でした。

 

上まで階段が上がっていくと、夜景も見えますが、周りは一面墓地です(笑)。

 

本当かと思いつつ、途中で並んでいる墓地へ移動して適当にここだと、決めました。

 

墓石の前にかなりのスペースが空いています。そこで、いずみさんが鞄からシートみたいなのを広げて、始めました。

 

さすがに全裸まではなれないので、ズボンと下着を脱ぐと、さっそくフェラです。なんか興奮してきて、いつもより固いです。

 

「うぅん。かたぁい。」

 

と少しあえいでいる感じの声を出しながらでイヤらしいです。気持ちよくなってきたので、

 

「胸もなめてよ。」

 

「ここがいいの?」

 

といって、いずみさんが吸ってきます。

 

口全体でねちっこくなめてきたり、舌先で乳首の先だけかめたりと上手です。

 

そのうちいすみさんもスカートを脱いで俺の上に乗ってきて、69です。クンニしだすと、

 

「あぁ。ああ~、そこもっと。」

 

と大きめの声であえいできます。周りに人がいないとはいえ焦りましたが、いずみさんはおかまいなしです。

 

そのうち、体勢をかえて顔面騎乗位の格好です。

 

「もっとなめてよぉ。」

 

と押し付けてくるので

 

「うぅ。うーん」

 

と俺がちょっともがきだす始末です。でもそれも喜んでいるみたいです。

 

「そろそろいいでしょ。入れるわね。」

 

とカバンからコンドームを取り出してきて、それをつけて騎乗位です。

 

パンパンと言う音とあえぎ声が響いています。

 

「固くていいこれ。ああ。」

 

 

「いずみさんのあそこ気持ちいい。でも激しい。」

.

「おまんこいいでしょ。」

 

「いいけど、少しストップ」

 

と大きなお尻をがっとつかんでとめました。激しく出てそうです。

 

「もう。今度はゆっくりするから。」

 

いずみさんはそういって、今度はお尻を俺に向けて、騎乗位です。

 

デカ尻が上下に揺れて、スゴいです。さっきよりおとなしめですが、断然こっちがエロいです。

 

「気持ちいいわぁ。いくっいくっいくぅ。」

 

もいっていました。

 

でも、なんかさっきと違って、俺の方が今度は激しくつきたくなって、つくと、

 

「いったばかりだからまってぇ~。」

 

「止まんないよぉ。」

 

「待って~。あぁあ。」

 

とさっきよりもあえいでいます。

 

さらに彼女の尻をつかんで激しく動かすともう、最高です。

 

ドスンドスンという感じで、激しく尻をうちつけています。

 

しばらくして止めると、

 

「はぁはぁはあ。」

 

と息たえだえな彼女を立たせてバックから突きました。

 

下には夜景が見えます。

 

人が階段上ってきたら、すぐにばれちゃいますが、そんなのも気にせずに入れていたら

 

「だめぇまたいっちゃうよぉ。」

 

「いすみさんのいくとこ見せて。」

 

「いくー。」

 

と二回目の絶頂。

 

さけぶようにいっていました。

 

 

PCMAX

 

 

彼女も全く声を小さくするそぶりがないです(笑)。

 

最後に正常位ですが、さっきのいくところに興奮MAXですぐに

 

「俺も出そう。」

 

「まだ我慢して。」

 

「もうむり~。」

 

「我慢して。」

 

我慢してと言うのに余計に我慢できなくて、

 

「出る~。」

 

と俺も、いずみさんに負けずに叫んで、爆発してしまいました。

 

そのあとは、ティッシュで体を拭いたりして、墓地から降りて帰りました。

 

自宅へ帰ってから、シャワーを浴びようと服を脱いだら、乳首の周りに赤い口紅のあとがべっとりと。

 

思わず思い出して、一人エッチしてしまいました。

 

時々いずみさんと会っています。

 

ホテルでもやりましたがやっぱり墓地の方が興奮しまくるので、いつも墓地を選んでやっています。

 

   こちらで無料登録できます。

アフィリエイト