越谷で出会い系サイトで、大人のおもちゃ大好きな41歳石原真理子風熟女とセックス

出会い系サイトを利用して、一人の熟女と出会いました。

 

利用したサイトはPCMAXです。

 

2年ほど前ですが、私は仕事柄出張が多く、関東出張の際仕事が終わり一緒に飲みに行ける熟女を探すために、短期間で女性を探しました。

 

自分のプロフには、「一夜を共に過ごせる女性を募集中」と内容で様子を見ます。

 

すると数名から足跡が付けられ、再度その女性のプロフなどを確認し、サクラや、業者っぽい感じは全て除外して、一人の女性にアプローチします。

 

ファーストメールには、「関東に行った際、時間が取れるような一度会いませんか?」と伝えたところ、彼女からOKが出ます。

 

今回私のプロフタイトルを受け入れてくれる女性ですから、この時点でセックスは確定です。

 

出会い当日越谷で待ち合わせしました。

 

彼女は41歳の離婚歴ありの熟女で、現在は保険外交員とのこと。

 

第一印象は、昔で言う石原真理子風な、少しミステリアスな感じがする熟女となります。

 

スタイルは、顔が小さい割には巨乳であり、ヒップもピッチとした短めのタイトスカートにパンティラインが浮き出るくらいのセクシーさが漂う女性となります。

 

一緒に事前予約した飲み屋に向かいます。

 

彼女はそんなにお酒は飲まないタイプでした。

 

いつもなら、少し酔わせてホテルに誘い込むのが私の常とう手段ではありますが、ちょっと勝手が違います。

 

そんな彼女が私に聞いてきました。

 

「どのくらい、出会い系で女性とやっているの?」。

 

彼女は飲まずとも、その辺の話が大丈夫な感じです。

 

続けて彼女は、自分の性癖も話し始めます。

 

「私、おもちゃ使われてセックスするの大好き」と言い、私のひざ元に手を置いてきました。

 

すでにやる気満々と判断した私は、「じゃあ、おもちゃ買ってから、ホテルに行こうか?」と伝えます。

 

私たちは1時間程度で飲み屋を出て、近くにある大人のおもちゃのお店に向かいます。

 

店内に入ると男性ばかりではありましたが、意外に彼女は物応じしないタイプ。

 

お決まりのバイブと、アナル専用のエネマグラなどを購入。

 

それから、彼女から好きなコスプレを聞かれ、熟女のセーラー服に少し興奮を覚える私でもありましたので、それも購入。

 

そしてホテルへ向かいます。

 

ホテルに入りお互い別々にシャワーを済ませました。

 

そして彼女はセーラー服に着替えます。

 

熟女のセーラー服はとても興奮します。

彼女から「どう?興奮する」と言われ、ぐるっと体を反転させた際、ミニなスカートからパンティが丸見えになるのはとてもたまりません。

 

そして今度は、ベットに座りこみ大きく足をM時に開脚させて私を誘惑してきます。

 

続けて四つん這いになり、私の方へお尻を向けてきます。

 

彼女の履いているパンティはTバックの白。

 

私はたまらず、彼女の尻に顔を埋めながら、全体を舐めまわしました。

 

そして、Tの部分を脇にずらし、彼女のマンコと、アナルを交互に舐めまわします。

 

「あー、いやらしいー、雄犬みたい」と彼女に言われます。

 

私は先ほど買ったローションをアナルに刷り込み、エヌマグラを差し込みます。

 

「ウっ、あー、あぁー」といいながら彼女が乱れ始めます。

 

そして私は彼女へオナニーするよう言いました。

 

意外に彼女はすんなり受け入れ、エネマグラをアナルに突っ込んだ状態で、M時に足を開脚してバイブをクリにあてて悶え始めました。

 

「いやらしいー、でもこういうの大好き―」と言う彼女は、どう見てもタダの変態女です。

 

一度オナニーでいった彼女に、私は正常位から間髪入れずペニスを挿入。

 

何度も激しく腰を振り続けます。

 

そして今度はエネマグラをアナルから抜き取り、アナルセックスを開始。

 

幸せそうに彼女は感じています。

 

そして彼女のお願い通り、アナルの中に私の精子を全て放出して終了。

 

刺激的な変態セックスを体験できました。

 

彼女とは今でも関東に行った際、今の関係を続けています。

PCMAX登録はこちらから