草加で52歳、黒木瞳に似の美魔女のような容姿の熟女が中出しに変わる少し変わった放尿

PCMAXを以前より使っておりました。

 

自分の年も30歳を過ぎてから、若い子とエッチをすると何故か緊張するというか、気を張ってしまい心からセックスが楽しめなくなってきました。

 

やはり同い年が年上の人の方が、お互い経験もしてきているので、スローで心落ち着くセックスができる。

 

しかし年上と言っても10個ほど離れた人がそれまでは1番歳が離れている人であり、40歳以上の人とのセックスをしたことがありませんでした。

 

むしろ50歳くらいの人で性欲があるのかという疑問もありました。

 

ある日連休中の予定があいていた為、サイトで飲める女の子でも探そうと調べていると、52歳の女性の気になる投稿を発見しました。

 

彼女はまだ性欲が旺盛で、大学生の子供がいるが日常でセックス活動をしているという。

 

何か面白そうと思い、軽い気持ちで「年下ですが飲みに行って楽しくお話ししましょう」と持ちかけました。

 

返事があったものの、やはり相手は年下ということかあまり乗り気には感じられませんでした。

 

しかし私が経験人数100人を越えていて、だいぶ変態ですと伝えると、態度が一変して連休中に飲みに行こうという流れになりました。

 

写真で彼女を見ると52歳には見えず美魔女のような容姿で髪も綺麗で黒木瞳に似ている女性でした。

 

私もこれなら全然エッチができると思いました。

 

会う前に電話で話すと、早速彼女の変態ぶりがわかりました。

 

電話んしていると、最近エッチしていなくてと切り出され、急に電動音が聞こえてきました。

 

今電マ持っているから、僕もオナニーをするように強要してきました。

 

急な展開でしたが携帯から聞こえる電マの音にドキっとして、パンツを脱いでお互いオナニーを始めました。

 

彼女は自宅に誰もいないのか、喘ぎだし何度もイクといいながら絶頂をしており、時折「出る」と言うと、携帯電話んアソコの近くに持っていき、潮が出ている音を聞かせてきました。

 

電話越しにリアルに聞こえてくる音、そして50歳を過ぎた女性のリアルな実情に興奮してイキました。

こんなエロい電話でのオナニーしたの初めてと言うと、彼女はエッチができないと、こうして電話でオナニーをお互いして聞いて貰うと言っていました。

 

間違いなく私が出会った中で最強に性欲の塊の女性でした。

 

そして休みの日お互いの家の中間である、歓楽街近くの居酒屋で昼間から飲めるところを探して飲むことに。

 

出会うと身長は思ったより低く155センチほどでしたが、スタイルもよく綺麗な女性といった感じでした。

 

電話でのエロさは普通にしていると感じず、明るく人柄が良いというどこにでもいそうな優しい人でした。

 

それが逆にギャップを感じさせ、飲んでいる最中に思わず立ってしまいました。

 

1時間ほど飲むと、2軒目へ行こうとなり外へ出ると、居酒屋の階段で彼女からいきなりのキス。

 

そのまま壁へ押され「我慢できないから、ホテル行こう」と言われながら、生でアソコを揉まれだしました。

 

会った時の穏やかな雰囲気から一変した彼女に、私も我慢ができず近くのラブホテルへ入りました。

 

ホテルへ入ると下着になるように言われ、そのままベットに腰をかけるように座らせられました。

 

そして彼女が「私も脱ぐから、そこで見てて」と言われ座っていると、ストリップを見ているかのように、彼女は華麗にエロく服を脱ぎ始めました。

 

彼女も下着になると、腰を振り出しエロティックなダンスを踊りながら、彼女は自分の指でアソコを触りながら踊り、私に「見ながら、オナニを始めてごらん」と要求してきました。

 

彼女のセクシーな踊りと、真っ赤なランジェリーに興奮して既に立っていたアソコをしごきだしました。

 

しばらくすると、彼女が近づいてきてそのまま私のアソコを舐めてきて、エッチが始まりました。

 

挿入したいと言うと焦らされつつも、彼女が我慢できなくなったのか、そのまま座位で挿入。

 

しばらく動かしていると、私の太腿がビチョビチョに。彼女は挿入されている最中でもオシッコができるそうで、それが気持ちという。

 

ピチョピチョなる音に興奮と我慢ができず、イってしまいました。

 

すると彼女はイッタ後にすぐさま、私のアソコを舐めてきました。

 

くすぐったいような感覚で「待って」っと静止するも止まらず、暫くするとオシッコが出そうに。すると彼女がオシッコしたくなってきたら、私に挿入して中でして良いよと言うのだ。

 

そんなことした事ないが、言われるがままに。生で挿入しているうちに、どんどんオシッコが出そうになりそのまま射精する時よりも、思いっきり力んでオシッコを出すと、彼女のアソコからオシッコが漏れてくるのが分かりました。

 

そのまま彼女に抱きつき燃え尽きましたが、今まで味わったことのないような中出しした感覚になり最高に気持ちよかったです。

 

しばらく彼女との関係が続きましたが、別の男ができたのか連絡がなくなりました。

 

しかし、彼女としたこのセックスは今までで1番快楽と興奮を覚えたセックスでした。

アフィリエイト