草加で薬師丸ひろ子似の熟女はセカンドバージン

熟女と会うと大抵、人妻は旦那さんとはレスだと言う、それは当たり前と言うか、普通に結婚すれば、いつまでも夜の夫婦生活は消えてしまう。

 

そんな熟女が出会い系にハマると、とんでもないエロの世界が広がる。

 

私はPCMAXと言う出会い系で熟女を探してました。

 

一人のターゲットの熟女がメールをくれました。

 

「旦那とレスでサイトに登録したんですが、セカンドバージンを奪ってくれますか?」と言うメール!

 

私はセカンドバージン??

 

なんのことだ、単に旦那としてないから、セカンドバージンと名付けたのか?

 

と思って返事をしました。

 

「どれくらい旦那さんとレス?」と失礼だけど聞いてみました。

 

「20代で結婚して、40歳からはほとんどしてません‥」

 

ほぅ10年はしてないか!

 

とりあえず待ち合わせをしてみました。

 

彼女のプロフは50歳で、痩せ型、小柄なタイプらしい、

 

私はあまり細身は好みじゃないけど、まあ、頼まれたから、ラッキーと思いながら彼女を待ってました。

 

彼女が私の車に歩いてきました、なんとなく若く見える感じです。

 

体型が小柄だから若く見えるのか‥

 

近よってきて、私に挨拶をしました「はじめましてよろしくお願いします。」と。

 

その顔は以外にも童顔で、薬師丸ひろ子と似てるような、綺麗とかセクシーよりも、可愛いタイプの熟女でした。

 

こんな可愛い熟女なのに、レスなんだ!と思いましたが、まあ、それは家庭のことだから、口には出さずで。

 

「ラブホ直行大丈夫?」

 

「お願いします。」

 

私はラブホに向かいました。

 

彼女はあまり口数も多くもなくエロさも感じない。

 

車内も静かな雰囲気で緊張感が増した。

 

ラブホについて、彼女から、

 

「あのー私、メールでも言ったけどセカンドバージンなんです‥」

 

だからセカンドバージンって?

 

私は「セカンドバージンってレスだから久々のセックスをする意味でしょう?」と聞いたら、

 

もちろん、それもあるらしく、一番の訳は、以前、出会い系で会ったらしく、その男性と、10年ぶりにセックスをしたら痛すぎて!と。

 

結局は中断して帰ったらしく、彼女は自分でもビックリしたみたいです。

 

いわゆる(性交痛)みたいです。

 

私は、そこは初めてだったので、どうしたらいいか、迷い、とりあえずは濡らすことかな!と考えた。

 

熟女は潤いがなくなるのは、わかるが、いままで遊んだ熟女は痛い!とは聞いたことがなかったので、私は不安ながら彼女と一緒にお風呂に入りました。

 

彼女は素敵な体をしてます。

 

ガリガリでもなく貧乳でもなく、50歳にしては、まあまあ勃起する体でした。

ベッドでは、まずはキスをして愛撫を丁寧にしてみました。

 

それから彼女のクリトリスを吸ったり舌先で刺激したり、彼女はきちんと、感じてくれて、アソコも濡れてました。

 

それから彼女にフェラをして!と言ったら、なんとフェラは、テクニシャンでした。

 

それから、69をして、時間をかけて、濡れさせました。

 

「そろそろ挿入するけど痛いなら言ってね、かなり濡れてるから痛くないと思うけど」と。

 

彼女は「はい、お願いします。」と感じてる割には、義務的、多分、緊張してるんでしょう。

 

私は処女でも奪うように、指から試しました。

 

中指を、そっと挿入!

 

「ん?締まる?硬い?」

 

私はなんか彼女の膣に圧迫感を感じました。

 

私のちんぽ入るか?と言う、不安感!

 

私は濡れたあそこに、そっと、先っぽから挿入‥ん?

 

入らない!ここで彼女の膣から圧迫感でちんぽを押し出される感覚!なんだ!

 

「すみません痛いです」

 

「あっごめん」と抜きました。

 

彼女のあそこは、処女の意味がわかりました。

 

処女は処女膜を破れば中に挿入なるけど、彼女はもちろん処女膜はない、でも処女膜以上の固くなった筋肉が膣を狭くしてる感じでした。

 

だから、ちんぽが入ると痛いはずです。

 

でも、これは、何回か痛くてもがんばってセックスをしないとトンネルをくぐれない感じでした。

 

いくらローションを使ってもちんぽを常に挿入してないとローションなんて意味がないはずだと思いました。

 

ここは一旦、中断して、私は彼女に何回か会おうよ。といいました。

 

そのうちに気持ちよくなるよ。と。彼女はOKした次の言葉が、

 

「アナルセックスはできます」

 

と。

 

私はドン引きしましたが、

 

ここから彼女は大胆にバックスタイルでアナルを向けた。

 

私は興奮しながらアナルを舐めた、アナルフェチの私には、最高の時間です。

 

一本指を入れたら吸い込まれました。

 

我慢出来ずにチンポを挿入しました。

 

ヌルヌルとチンポが吸い込まれ私はゆっくりピストンをしました。

 

彼女は「あ〜激しく動いてー」と。

 

私は激しく動いたらすぐイきそうになりました。

 

彼女のアナルに射精!

 

彼女は「もっと入れてー」と、

 

泣き叫びました。

 

私はアナルが好きなの?と聞いたら、アナル好きです。

 

だから、あそこも挿入可能にして、2穴セックスしたいんですと。

 

私はなんかワクワクしてきて、なんとか彼女のあそこのトンネルを開通しようと、彼女と会いました。

 

5回目くらいには、通常のセックスも出来、アナルセックスもして、彼女と、2穴セックスを楽しんでました。

PCMAX登録はこちらから