私が出会い系サイトで出会えることができた藤原紀香似の豊満な熟女との体験談

私は、20歳の頃に、男子校ばかりで、出会いに恵まれず、女性との出会いを渇望している形でありました。

 

そのような女性探しの中で私は、地元に密着した出会い系サイトを使用するようになっておりました。

 

それは、老舗ので出会い系サイトでありますPCMAXでありました。PCMAXでは、老舗の出会い系サイトでありましたので、全国各地での登録ユーザーが非常に多かったこともありまして、老若男女様々な方々との出会いを果たせるサイトであると思っておりましたので、活用させて頂く形になりました。

 

私が、このサイトを使用させて頂く上で意識しておりましたのは、「大人の女性との出会い」がコンセプトでありました。

 

ですので、検索要件としましては、自分自身の母親をイメージするような形でありましたので、30代後半や40代、50代を選定する形になっておりました。

 

その中で、40代熟女との出会いが目前に迫る状況が発生しましたので、大変興奮しておりました。

 

40代熟女との状況としましては、近場に住む熟女の方で、私の趣味であります「バイクツーリング」に興味を示して頂けるような形で、大変喜ばしい状況でありました。

 

そこで、初めてのデートはバイクツーリングと言う形でその女性と一緒にバイクにタンデムしまして、街中をツーリングと言う熟女と最高の出会いを果たせた上にバイクツーリングに行けると言う状況でありました。

 

私が、彼女が似ているなと思えた芸能人にしましては、「藤原紀香」さんのような感じの豊満なボディを持つ熟女でありました。

 

非常に仕草が上品で「きっとエッチも上手なんだろうな」と思う状況でありました。

 

そこで彼女の家に最後送っていきましたら「今日は誰もいないの」と言う神展開でありました。

 

聞けば娘さんと二人暮らしと言うことで、もう興奮を隠しきれませんでした。

 

そして、バイクを降りる時に最高の演出が待ち受けている形となったのですが、バイクを背に二人が歩き出しましたら、なんと私の背中に抱き着いてくれたのです!

 

これには大変興奮する形で、そして、晩御飯をごちそうして頂く形になったのですが、晩御飯としましては、パスタを上手く茹でてもらったディナーでノンアルコールワインを飲みながら最高のひとときを過ぎセル状態でありました。

 

そして、「そろそろ二階にあがろっか」と言う形で、胸のドキドキがたまりませんでした

 

そして、熟女の部屋に招待される形で、部屋の電気が真っ暗な状態で、互いをむさぼり合って求め合う形で、待望のセックスが始まりました。

 

私は、我慢できずに、ズボンの上から彼女のパンティー越しに正常位の体勢になって、陰部を押し当てる形となりました。

熟女の方からは、長い舌を絡められるような形で、ディーブキスが発生!

 

これには、熟女のワザを体感できた瞬間でありました。

 

その後も熟女から求められる形で、愛撫や、ズボンを脱ぎ始め、熟女のスカートを脱がせながらクンニを始めると言う形で、いやらしい舌使いでシックスナインを開始する状況でありました。

 

股間としましては、爆発寸前でとにかく舌が長い上に舌使いが最高に上手いのでとろける位の舌使いに、思わず出してしまいました。

 

熟女さんの咥内発射で、果てるかと思いきや、挿入を待ちきれない状態で、オマンコをクンニし始めました。

 

この時に衝動が抑えきれずに、正常位の状態で挿入にチャレンジ!

 

最高にガバマンな熟女のアソコは終始ひくひくしている感じで、ペニスを待ち受けるのが愛おしい感じな様子でしたので、ピストンを開始しますと、激しい喘ぎ声をあげる形で、最高の喘ぎ声と共に、フィニッシュしました。

 

でも、残念だったのが熟女真っ暗な部屋でのプレイがお好きな様子で、「次は明かりを付けてプレイしようね」と約束しました。

アフィリエイト