川越で46歳飢えた大人の女性の性欲は とんでもなくそこ沼状態7時間やりっぱなし

家庭があるのに加えて、仕事をしている女性たちは、普通の主婦と比べるとストレスやプレッシャーがあるみたいで、欲求不満気味ですから。

 

だから…恋やエッチとかにも積極的で、激しいです。

 

2ヶ月ぐらい前に出会い系サイトPCMAXで知り合った女性も、医療関係の仕事をしていて、休みも不定期でやっぱり欲求不満ぎみの女性でした。

 

僕のサイト内にある日記を見て彼女がメールをしたのが、知り合えたきっかけです。

 

「仕事関係以外の歳下の男性と、仲良くなりたいと思ってたの~」

 

彼女は川崎に住んでいる46歳の既婚女性で、子供が2人いるのですが医療関係の仕事をしていて、夜勤もあったり宿題もあって気分転換がしたくなって、出会い系サイトを始めたと言っていました。

 

「恋とか楽しまないと、あっという間に日々の忙しさに流されちゃうんだもん~」

 

初めは仕事の話が中心でしたが、ラインに切り替えてからはプライベートな話になって写メ交換をすると、笑顔が素敵そうな少し年齢不詳ぎみの感じの女性でした。

 

そして知り合って3週間目には一緒にお酒を飲みに行くことになりました。

 

待ち合わせ場所にいたい彼女は、ショートカットが似合うかなり年齢よりも若く見えそうな女性で、フレンドリーな印象でした。

 

何よりも、バストとお尻が大きそうで、46歳の既婚女性には見えない若さがある女性でした。

 

PCMAX

 

川崎のオシャレなイタリアンで楽しく食事をしながら、その後は静かなバーでゆっくりと話をする頃にはすっかり仲良しになっていました。

 

「ご主人とはほとんどなしなのですか?」

 

「当たり前よ!たまに触ったりしてくるけど、バシッと拒否してるの~」

 

「仕事で緊張感やプレッシャーがすごいから、時々、誰かに癒してもらいたくなっちゃうの」

 

「今から癒しあいっこしましょうか?」

 

「イイわよ、私も今日はちょっと欲求不満気味だから~」

 

店を出ると近くのラブホに行き、部屋に入ると彼女は慣れた手つきで、部屋の灯りを暗くしてくれて、すぐに抱きついてきまして。

 

「激しく愛されたいな~」

 

それから一緒にシャワーを浴びようとお互いに裸になると、自分のスタイルに自信があるらしく、惜しみなく裸をさらけ出してくれて、バストも形がよくお尻の丸みがたまらくエロかったです。

 

すぐに2人でシャワーを浴びながら、何度も抱き合っては、キスとお互いに触り合いをしました。

 

ベッドに移動してからは、まずはキスをすると、彼女は自分から舌を差しこんできて、ディープキスを楽しみながらも、彼女の豊満な身体を触りまくりました。

すると彼女はすぐにフェラ時々手コキをしてくれて、今度は自分で僕の上に乗って、ゆっくり腰を激しく動かしながらも、叫び続けてました。

 

「アッ、アアッ、久しぶりだから感じちゃう~」

 

それからはお互いにいろいろな対位で求め合っていました。

 

彼女とのエッチは、とにかく終わりがない感じです。

 

どちらかが果てても、すぐに口や手で刺激を与えて復活しては貪欲にもとめあっていて、気がつくと3時間休みなしで愛し合っていました。

 

「スゴくイイのよ~こんなに感じたのは久しぶりかな…もっともっと欲しいわ」

 

それからまた3時間ぐらい、求め合っては果てるの繰り返しで、さすがに後半はちょっと苦痛に感じるぐらいに。

 

正確な回数は数えてないですが、彼女はすでに10回以上昇りつめていて、最後のほうは泣きながら、潮も噴いてました。

 

飢えた大人の女性の性欲はとんでもなくそこ沼状態でした。

 

仕事をしている女性は、そのストレスなどをエッチで忘れ去ろうとするらしく、本能のままに快楽を求めてくるので、まさに貪欲です。

 

さすがに40代になって、7時間近くもエッチをしっぱなしは、かなり辛かった。

 

彼女はまだまだ物足りない感じで、休憩するよりも、いっぱい感じていたいって言っていました。

 

アフィリエイト