川越で熟女になりかけの彼女は極度のSM好き

ノーマルなセックスでは満足できない私も変わった性癖の持ち主なのかもしれません。

 

ただ、何かに特化した性癖があるわけではなく、普通じゃないセックスであれば、興奮するのです。

 

そんな私が出会い系PCMAXに求めているのは、同じような趣味を持っている女性なのです。

 

なかなか見つからないと思いつつ、実は、世の中には変わった性癖を持つ女性が多くいて、会うことも難しいことではないのです。

 

そんな一人が40代の会社員の彼女。

 

気軽な感じでやり取りをして、LINEの交換。彼女は埼玉でも川越に住んでいたので、戸田公園に住んでいる私の家からは遠いとはいえ、何とかして会う約束をしたのです。

 

時間的に合わず、平日の夜というわけにいかなかったので、土曜日の昼。

 

彼女も夕方からは用事(デートかな?)が入っているというのでその時間になりました。

 

そもそも、彼女は同年代ではなく、年上が好きなパパフェチ。

 

それだけでも、最初から意気投合したのです。

 

彼女は、一言でいうと甘え上手でありながら、強引な性格という印象。彼女のペースになってしまいそうです。

 

何でも彼女は末っ子のお嬢様とのことで、

 

自他共に認めるワガママです。

 

そしてスタイルは細身の可愛い系。

 

こんな彼女が出会い系に出会いを求めるなんて、最初は業者なのかなと不審に思ったくらいです。

 

40代になってますます、それに磨きがかかり、可愛らしさに熟女の良さが出始めているのかななんて、勝手に思ってしまいました。

 

彼女自身も男子からも女子からもモテモテなんて言っていました。

 

そして、天然なのか狙いなのか、時々思わせぶりな笑顔を見せるのですが、この仕草で落ちると思います。

 

そんな彼女と食事をして盛り上がったあと、単刀直入にホテルに誘ったところOKの返事が。早速近くのラブホテルへイン。

 

そして、部屋の中のソファで私の横に座って、いきなり彼女から「お願いがあるんだけど引かないで聞いて欲しい」と話し出しました。

 

「何?」と聞くと、「実は私ちょっと変態なの」と言い出したのです。

 

今までのやり取りで何となく解っていたからこそ、会ったのですが、改めて言われると余計に興奮してきてしまいます。

 

そして、話を聞くと、ドMでもあってドSでもあるとの事。

 

とにかく、叩かれたり、噛まれたり、激しくいじめられたいそうなのです。

 

今まで、SMの体験はないわけではないですが、こんな綺麗な彼女を叩いて大丈夫なのかなと心配になったほどです。

 

そして、そんな告白のあと、一緒にシャワーへ。

 

すると、お風呂の中で、お互いの身体にボディーソープを首から下の全身に塗り始めたのです。

 

ほぼ1本丸ごと使い切ってしまうと、そのまま湯船の中に。

 

私のムスコをそのまま口に含みます。

 

さらには、傷をつけない程度に強く噛み始めたのです。

 

ちょっと焦った私だったのですが、この痛さと気持ちよさが丁度良いバランスとなっていて、私も泡だらけになった湯船で彼女の乳首を吸い始めたのです。

 

すると彼女はもっと噛んでくれないと止めますというので、思いっきり噛みつきました。

 

なんだか、乳首が取れてしまうのではないかと思ったくらい強く噛んだのです。

 

もうお風呂の中は泡でいっぱいなのに、その乳首と私のペニスだけが浮き出ている状態。

 

そして、彼女のオマンコも洗いながら指で責めると、今度はすぐに挿入させたのです。

 

彼女のオマンコは、吸いつきも十分。自分からは抜くことが出来ないのです。

 

そして、しばらくお風呂で楽しんだあとはベッドへ。

 

ここから、更にドSぶりを発揮。

 

私は、目の前でオナニーをさせられ、更には紐でペニスを縛られてしまいました。

 

このままではまずいと、私もお返し。

 

彼女を四つんばいにさせて、オマンコを開かせて鑑賞。

 

ただ、気が緩んだのか、勝手に発射してしまったのです。

 

何とも気まずい気持ちになったのですが、彼女は床に落ちた精子をそのまま舐めてくれて、更には再度挿入したのです。

 

もう興奮状態の私は、後ろから責めておしりが腫れ上がるくらいに叩いていたのですが、彼女は大興奮。

 

3時間くらいのセックスになったのですが、気づけばお互いの身体が真っ赤。

 

そして、彼女は夕方に用事があるなんて言いながら、夜中まで私と一緒にセックスを楽しんだのです。

アフィリエイト