川越でアブノーマルで濃厚なエッチ体験

私は川越に住む30代の会社員です。

 

私は今、同じ会社の同僚のある女の子とセフレ関係をもっています。

 

彼女は出会い系サイトPCMAXに出会いました。

 

ところが、同じ会社であることが分かりました。

 

ちょっと大きい会社なので部署が違うと正直わかりません。

 

その子は世間で言う「ヤリマン」の子で、社内でも何人もの人と経験を持っています。

 

私の同僚、後輩など「誰々さんとエッチしたらしいよ」という噂を聞いては同僚や後輩など本人の口からそれが噂ではなく事実と確認できます。

 

元々は中途採用で入ってきた40代前半の可愛らしい女性で、見た目は清楚系なのですが確かに「ボディータッチ」が多く、男性と話すときの距離も近く、どことなく馴れ馴れしいというのは特徴としてあげられます。

 

会社の飲み会の時に、本当なのかどうかは知りませんが「酔っぱらった様子」を出して同僚や後輩の元にもたれ掛かっては「動けない」と言って会後にそのまま2人で消えていく、ということを何度も目撃した社員が言ってました

 

私は最初「可愛いけど、軽い女だな」と見下していたこともありましたが、そのすぐ後に彼女と最初のエッチをし、その後はセフレになりました。

 

仕事に対しては一生懸命だった彼女は私に「ミスをなくし、効率の良い仕事はどうしたらできるか」という相談をしてきたので、その日の夜に食事しながら話そうとなりました。

 

会社近くで食事をしながら仕事の話しや何気ない話しをし、彼女のこれまでの事や想いがわかり、うち解けた様な気になりました。

 

同時に、話が盛り上がり、そのままBarで話の続きをしました。

 

話が盛り上がるにつれお酒も進むと彼女は「酔っちゃった」と言いながら私にもたれ掛かってきました。

 

「駅まで送るから帰ろう」と言ってもそこまで動けないとのことでしたので、仕方なく終電まで会社近くのところに借りていた私のアパートで少し休ませようと思って移動しました。

 

しかし、部屋に着くなり彼女は私に抱きついてキスをしてきました。

 

私はビックリしたものの、彼女は私を離さず舌を絡めてきました。

 

そして同時にドキドキし、酔っていたのか彼女の身体を求めている私自身に気づきました。

 

「可愛いけど、軽い女だな」と見下していたことなどすっかり頭になく、そのまま私は彼女の胸を揉み、服を脱がし始めました。

 

首筋を舐め、乳首を触り、乳首舐め、ビショビショになったアソコをゆっくりと愛撫しました。

 

彼女は喘ぎながら「気持ちいい」「もっとして」と自ら言ってくるほどでした。

彼女も私のアソコを握り、乳首を舐めながら扱いては貪るようにそのまま咥えてきました。

 

ヤリマンなだけあり、かなり経験も豊富なのか扱き方や舐め方、「エッチな音を出す」というところなどテクニックはすごく、これまでされたことがないぐらいの気持ち良さでした。

 

私たちはお互いに全身舐め合った後、彼女は「挿れたくなっちゃった・・・ウチらの関係、内緒にできる?」と言い、騎乗位の状態で挿入しました。

 

彼女は締まりこそあまり良くないもののビショビショに濡れた膣の中は暖かく、思わず超えが出てしまいました。

 

前後に、そして上下に動く彼女の「慣れた腰つき」と喘ぎ声、そして下から彼女の揺れるおっぱいを見るだけで私もどんどん興奮していきました。

 

彼女は上から腰を振りながら私の手を自らの胸にもっていったり、腰を振りながら乳首を舐めたりしてきました。

 

そのまま座位、バック、正常位と体位を変えてはゆっくり、時には激しく腰を動かしあい、彼女が先に、そして私が続いてイッてしましました。

 

少し休むだけのはずが既に終電はなくなっている時間でもあったのでそのまま私たちは2回目のエッチをはじめました。

 

その日以降私たちはセフレの関係になったわけですが、会社で2人しかわからないような合図を作ってはラブホで、私の部屋で、そして時には野外などアブノーマルなプレイをするようになりました。

 

社内にいわゆる「穴兄弟」がいることなど一切気にならないほどヤリマンの彼女の身体の虜になっています。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX