川口で大島優子似の熟女との美味しい関係性

私は都内在住の会社員男性です。

 

30代という年齢から結婚したいとは思うものの会社と自宅の往復ばかりで出会いのきっかけには期待できず、最近流行の「恋活アプリ」を利用してみることにしました。

 

もともとはSNSを利用していたときに出てきた広告をきっかけに軽いノリで利用し始めたのですが、結果的にアプリの「PCMAX」で40代の熟女と不倫関係をもっています。

 

私は本気で出会いを求めていたこともありプロフィールは結構まじめに作成したところ、短期間の間で3人の女性とメッセージのやり取りをはじめることができました。

 

そのうち1人の人とは趣味の話や恋の話など話が弾み、フィーリングが合ったことから「会ってみたい」という気持ちになり、合うアポイントを取りました。

 

そして個人LINEを交換し、その日から3日後、池袋で会うことにしました。

 

当日まで私はドキドキしっぱなしでした。なぜならやり取りの最中で彼女が「25歳の大学院生で元AKBの大島優子に似ている」といっていたからです。

 

「20代の女性とデートなんてもう何年もしていない」と思っていたからそのときから緊張していました。

 

しかし当日、私の前に来たのは「エミ」という名前の女性で25歳どころか42歳で、大学院生どころか主婦で結婚もしている人でした。

 

確かに容姿は綺麗でしたが私は「騙された」と思い「少し話してすぐ帰ろう」と思っていました。

 

しかし、相手は嘘をついていたこと謝ってきたし、話していると確かにフィーリングが合い、「楽しい」と感じるようになっていきました。

 

短期間で解散するはずのデートはその日だけにとまらず、何回も会うようになっていきました。

 

そして3回目のデートの夜、エミさんの「家庭がうまく言っていない」「寂しい」という言葉をきっかけに「その日は一緒にすごそう」となり、ホテルに向かいました。

 

ホテルについて少し休んでいると彼女のほうから「抱いてほしい」といってきました。

 

私は「おばさんとエッチはしたくないな・・・」と思っていたときに彼女のほうからまたがってきました。

 

そして舌を絡めるキス、乳首へのタッチと乳首舐めを受けるうちに不覚にも勃起して興奮してきてしまいました。

そのまま彼女は私のアソコをしごき、舐め、自分への愛撫も要求してきました。

 

「攻めるのが趣味」というこれまでに会ったことがないタイプの性癖をもったエミさんの「攻め」に私は我慢できなくなってきていたのでエミさんを思いっきり愛撫し、そのまま彼女へ挿入しました。

 

彼女は喘ぎながらどんどんアソコを濡らしていき、正常位、バック、騎乗位と体位を変えながら激しくなっていくと、彼女は自らの抑えきれない気持ちを開放するかのようにどんどんエッチになっていきました。

 

そして、42歳でこれまで色々な性経験があるからなのか、騎乗位で自ら腰を振り、腰を振りながらの乳首を触ったり舐めてきたりとテクニックがとても良く、私は瞬く間にイッてしまいました。

 

「42歳の女性の身体でこんなに早くイッてしまうとは思っていなかった」ということと同時に「イッてしまった」というより「イカされてしまった」という気持ちになった私は締まりに関してはそんなによくなかったものの彼女の持つそれまでされたことが無いような最高なそのテクニックにすっかりハマってしまいました。

 

そして、その時だけで私たちの関係は終わることがなく、それ以降も頻繁に関係を持つようになっていきました。

 

私たちは身体の相性がとても良く、次第に気持ちも入っていってしまい「もっと一緒にいたい」と思うようになっていきました。

 

そして、最終的に不倫関係ではあるものの正式にお付き合いをするようになりました。

 

「不倫」という世間一般では良くないとされている行為をすることでかえって私たちはドキドキしたし、不倫という関係性でのエッチだからこそより一層興奮したし、気持ち良いと感じるようになっていきました。

 

出会いを求めてはじめた恋活アプリで、「騙された」と感じましたが、それがきっかけとなり、最終的に不倫関係を結べたことを考えたし、その出会いや関係性に自分自身が満足していることを考えると「アプリでの出会いもなかなか捨てたもんじゃないな」と思いました。

 

私はその女性を旦那と別れさせ、結婚したいという気持ちはありませんが、今後も不倫関係というこそこそした関係を続けながらエッチなことをしていこうと思ってます。

 

アフィリエイト