大宮で40歳運転手と62歳プロダクション社長で42歳美人媚薬で奴隷調教し飼い殺しに。

ボスッ!っと、

 

UYプロダクションの社用車のドアを開けて

 

「理央さん、お疲れ様です、さあ、どうぞ」

 

私は出会い系サイトPCMAXで知り合ったこの社長秘書田中さんとセフレ関係になりました。

 

まさか、タレントとできるとは思いませんでした。

 

この世界は裏が多すぎるので、なるべくわからいように話します。

 

ホテルのロビーからパトロンとの枕営業を終えて、ふらついて出てきた女性タレント:西崎理央(仮名)の肩を支えて後部座席にエスコートします。

 

情事から解放された42歳の身体に視線を沿わせ、異常や怪我の無いことを確認して、私は運転席に座り黒い社用車を出発させました。

 

バックミラー越しに、ついつい美しい理央をチラリと盗み見してしまいます。

 

実際のタレントはテレビで見る印象と比べ物にならないぐらいに美しいです。

 

やや落ちぶれたとはいえ一般のいい女とレベルが違います。

 

彼女はタレントのオーラを放ちその美貌で輝いて見えます。

 

たとえさっきまで初老鬼畜の慰み者だったとしても……です。

 

私は雇われ運転手40歳独身、社長秘書の田中さんの紹介で運転手に、62歳のタレントプロダクションUYの社長専属です。

 

西崎理央は元々はグラビア出身で42歳、幸薄い感じの美人タレント。

 

今は鳴かず飛ばずで地方のCS放送などの通販番組に出てる程度です。

 

ずっと独身なのは社長の愛人をしてるからと業界で噂されてます。

 

事情を知ってる私は愛人なんて生温いとそんな噂を嘲笑していました。

 

愛人どころか、性奴隷です。

 

今日も贔屓のパトロンの変態プレイで唇を腫らしてホテルから出てきました。

 

マスクは痛いからイヤと綺麗な顔を晒してるその唇は、変態おやじのチンポを咥え唇を容赦なく吸われて真っ赤に腫れていました。

 

噂では食糞プレイの癖のあるパトロンです。

 

ホテルでの4時間が気になって仕方ありませんが、いつもの事で私も何事も無かったかのように、彼女を自宅に届けました。

 

特に会話をしないのが暗黙の了解です。

 

 

PCMAX

 

 

まあ、変態でいえばうちの62歳の社長が上を行きますが……。

 

 

別日の昼間

 

「田中さん、明日も理央はフリーだったよね」

 

後部座席の社長が助手席に座る秘書の田中恵子(50歳でセフレ関係)に、理央のスケジュールを確認してます。

 

助手席の田中さんは黒いスーツスカートの足を組んで、スマホを見ながら予定を確認してます。

 

特殊な境遇の西崎理央には学校を出たての若いマネージャーをつける訳にもいかず、社長秘書の田中さんが理央のマネージャーを兼ねています。

 

彼女の排卵日や薬物投与の管理まで任されてます。

 

「来週のCS特番まで4日ありますから、大抵のプレイはできるかと……」

 

田中さんはチラッと私をみて、意味深に小さくほほ笑みました。

 

バックミラー越しの理央は所在なさそうに俯いて、スカートの太ももを社長に擦られています。

 

これからの理央への変態陵辱に3人はにやけ顔が止まらづ、とうの理央は絶望の中に微かに快楽への期待も混ざった複雑な表情をしています。

 

売れてないとはいえ、もとグラビアタレント、42歳の肉体は誰もが振り返る高級な色気を発散しています。

 

今からの変態プレイを想像すると、与えられたイブサンローランのセレブなブラウスとスカートがかえって痛々しく哀れを誘います。

 

社用車の黒いセダンの前に私と熟女セフレ秘書の田中さん、後ろには社長と愛人タレントの理央の4人が乗っています。

 

向かうのは贔屓にしているビジネスホテル。

 

徹底的に理央を調教する時はいつも利用してるクラブ専用のプレイルームがそこにあるのです。

 

 

4人が入ったその室内は明るいSM部屋と言った感じです。20階の最上階にあり、大きな窓から都会の風景を眺望できます。

 

 

「シャワーなんていいから、ほら窓に手をついて」

 

 

シャワーを止められ、社長に言われしぶしぶと窓枠に手をついてイブサンローランのフレアスカートのお尻を突き出します。

 

「もう、変態はイヤです、ねぇ社長と二人じゃだめ?」

 

 

社長にスカートを捲られながら、ネコナデ声で哀願してます。

 

「理央の不祥事で作った3億を払ってからって、何度も言ってるだろ」

 

そう言って、白いショーツを足から抜き取った社長は、丸見えにされた理央の真っ白で柔らかな大福のようなお尻を早速撫でまわしています。

 

「社長がされます?」

 

田中さんがイチジク浣腸を手にして伺いをたてます。

 

「いいや、田中さんやって」

 

「はい、……じゃ、理央さんもっとお尻を、そう……」

 

スカートを捲って窓枠に手をつくタレントの背後から、イチジク浣腸をしている50歳のスーツ姿の女秘書。

 

何度見てもイヤらしい光景に、運転手の私はいつものように凌辱の準備をしながら、股間を盛り上げています。

 

お尻丸出しで開かれた長い生脚の足元に、圧し潰されたオレンジ色のイチジク浣腸が3つ散らばっています

社長と私は、その丸出しのお尻の肉を広げて浣腸されて盛り上がった肛門に指を入れたり、真っ黒い淫唇を広げて指ズボしたり舐ったり_タレントの恥ずかしい部分を楽しみます。

 

62歳と40歳が子供のように美人タレントを貪ります。

 

「そうだなぁ……5分我慢出来たら、打ってやるからな」

 

ラブコスメ リュイール ホットと呼ばれる媚薬です。

 

理央を媚薬漬けにして、逃げられない様にしているのです。

 

彼女には媚薬でおマンコに塗り、社長自身は錠剤でプレイ時にドラッグを摂取しているのです。

 

もちろん、只の運転手と秘書には高価なドラッグは回ってきません。

 

5分の間に理央は洋服と下着を社長と私に脱がされていきます。

 

脱がしながら、綺麗な女性タレントの耳やホッペ、首筋、うなじを舌腹全部でねっとり舐ります。

 

唇は社長に遠慮して、まだソコに食らいつくのは我慢して、他の場所を楽しみます。

 

42歳でも高級エステなどで、ふんだんにお金のかけられた肉体はスレンダーでも肉付き良く、男の情欲の為に作られたような美しさです。

 

産毛まで処理が徹底されてます。

 

顔は整形で元々の美人がさらに人形のような社長の好みにグレードアップしています。

 

もちろんシリコンでFカップにも改造された美人タレントは業界の成功者のまさに慰み者です。

 

ほぼ毎週3っつの穴に醜い老人たちの精液を流し込まれてます。

 

見返りは芸能界での生き残りとお金です。

 

 

社長も私も裸になって勃起を晒します。

 

社長のは5分勃ちでしたが、錠剤を飲むと見る見る血管を浮かばせてそそり立ちます。

 

これがまた巨根なので始末に悪いです。

 

服を着てるのはスーツ姿の秘書の田中さんだけです。

 

その女秘書は凌辱用の道具や媚薬を慣れた手つきで用意しています。

 

しかし、秘書の田中さんの下着はびしょ濡れ状態なのは、私しかわかっておりません。

 

秘書が手首の時計を見て、普段の業務を告げるように

 

「5分経ちました」

 

と冷たく言います。

 

ベッドで脂汗を白い肌に浮かべ排便を我慢している理央には嬉しい知らせです。

 

纏わっている男二人を振りほどき、トイレにお尻をすぼめて駆け込みます。

 

教育された通り便座を上げて、洋式便器に逆向きで「がに股」で跨って、排便する肛門を見えるようにします。

 

「ほら、田中さん」

 

今回は熟女秘書の田中さんを理央の真後ろに陣取らせ、その後ろから男二人が排泄を覗きます。

 

「ああっー、田中さんはダメ、見ちゃいやっー」

 

ブリブリ!……ブブブッ!……

 

ドボドボ便器に軟便を肛門から噴出させて、羞恥で声が震える理央。

 

盛大な破裂音で軟便がぶちまかれた後は、ニチ……ミチ……ミチミチ、と黄色に近い茶色の一本うんちが続いて漏れ出てきました。

 

悪臭が立ち込めるトイレと室内の換気扇を「強」に私がします。

 

 

 

「さあ、ご褒美だ」

 

 

同性にまで山盛りうんちの排便姿を視姦され、茫然とした表情でベッドで仰向けで足を広げる_その内もも奥に、ラブコスメ リュイール ホットぬりたくる社長。

 

理央は、すぐにおとがいを反らし欲情した牝の瞳に変わります。

 

浣腸されて媚薬を塗られた美女はこれから穴と言う穴を3人に責め立てられ欲情の泥沼に沈まされるのです。

 

「ほら、もっと、舌を奥まで……」

 

社長の肛門に理央はアゴを突き出して舌を埋め込みます。

 

「ほら、もっと足を開く」

 

私にはバイブで、媚薬ローションを流し込まれた女陰をピストンされます。

 

「ほうら、理央ちゃん、もっと楽にして、そうそう……」

 

女性秘書にアナルビーズを押しこまれます。

 

媚薬で飛んだ美女は白目を剥いて言われるがまま。

いつもお漏らししちゃうので、秘書がベッドにビニールを敷いて、その上にシーツが掛けられています。

 

まだ腫れの引いていない乳輪が根元から盛り上がり乳首は大きく勃起して充血してます。

 

やや弾力を失った柔らかな乳房を3人に揉み解されます。

 

「社長もうそろそろ……」

 

私はもうたまらず、社長にお伺いをたてて、女の女陰にジンジン疼く生チンポをぶち込みます。

 

ラブコスメ リュイール ホット濡らされた女の穴は、愛液にまみれ柔らかくチンポを易々と飲み込みます。

 

(ああ、気持ちいい)

 

「はあんっ……いいわっ」

 

女はすぐにメスイキ状態で自分から腰を擦り付けてきます。

 

イキ顔も美しい物凄く気持ちよさそうな表情を、犯しながら見るのは正に夢心地。

 

あの美人タレント、西崎理央が自分のチンポでよがり狂っている満足感。

 

ズポズポと歯を食いしばって腰を動かしました。

 

もちろんセックスは中出しですが、最初は社長を慮り射精は肛門か口を使います。

 

理央は医療ピルを処方されてるので避妊はしてるのですが、それでも完璧と言えず現にもう3度堕胎させられています。

 

今後、年齢を考えると妊娠の可能性は下がってくるでしょうが孕めばまた下ろせばいいだけと扱われていました。

 

「理央さん、お尻」

 

そう言って私がチンポを膣洞から引き抜くと、四つん這いになり、両手をお尻にまわし彼女自ら双臀を開き肛門を晒します。

 

 

PCMAX

 

 

今度は、浣腸や毎日のプレイでいつでも充血し盛り上がったままの肛門に、射精に疼く肉棒を挿入します。

 

20cm以上の長さを誇る自慢の一物です。

 

この不景気、ナニのデカさと身寄りなく他言しない境遇を買われ変態社長の運転手をして枕営業のおこぼれもいただけてます。

 

社長の男色にも私が付き合えてる事も、もう一つの大きな理由ですが……。

 

「ううーぅん!はあんっ」

 

色っぽい声をあげる理央さんの腰を引きつけ腰を密着させて肛門に深々とチンポを入れます。

 

社長はアナルを掘られた理央に巨根をしゃぶらせます。

 

四つん這いの美人タレントを口とお尻で二人が犯します。

 

裸の天女に群がる二匹の獣です。

 

社長の目くばせでそのまま、ベッドで私が理央の下になります。

 

その後、私と秘書田中さんは別のホテルで気持ちよさそうなタレントを目の前にして何もできない田中さんが爆発するばんです。

 

ホテルに入ると同時にキスをしてくる田中さん。

 

スカートを捲り上げるとストッキングまで濡らしていて、手には愛液がネバネバとついてくるほどである。

 

パンストとパンティーを脱がすとクロッチ部分が凄いことに・・・

 

彼女は私のズボンのチャックを降ろししゃぶりつく姿が異様である。

 

そのまま、ベットで3回戦する。

 

その日は6回以上精液が飛び交うことに

 

これが私たちの1日のセックスパターンである。もうそろそろ限界に・・・

 

私の代わりをしたい人はまず下記から登録を

 

  こちらで無料登録できます。

アフィリエイト