大宮で出会った黒木瞳似の50歳熟女は目隠し&縛りで逝きまくりww

ボクは武田といいます。30歳で、会社員です。

 

独身で、背は174cm、普通体型です。

 

よく、竹野内豊に似ていると言われます。

 

彼女もいないので、いつもお世話になっている出会い系サイトPCMAX

 

で、女の子の検索をします。

 

若い子もいいですが、熟女も好きなボクは、

 

今回、プロフィールに「ともこ、50歳、保母、156cm、スレンダー」

 

と書かれている女性にメッセージを送ってみました。

 

「ともこさん、はじめまして」

 

「あ、どーもはじめまして。ともこです」とすぐ返信がきました。

 

「これから、会えますか?」と、ボク。

 

「いいですよー、どこがいいですか?」

 

「大宮前のコーヒーショップに1時間後で、いかがですか?」と、ボク。

 

「わかりましたー」と、ともこさん。

 

先に着いたボクは、コーヒーショップで待っていると、

 

黒っぽいワンピースにセミロングの黒髪、芸能人でいうと黒木瞳に似た女性がやってきました。

 

「ごめ~ん、待った~?」と、ともこさん。

 

「いえ、ボクも今来たところですよ」

 

2人でコーヒーを飲みながら、少し話しました。

 

聞くと、ともこさんはバツ3で、今は独身だという。

 

「なかなか、わたしの性癖が受け入れてもらえなくて、いつも離婚してしまうの」

 

と話す、ともこさん。

 

「どんな性癖があるんですか?」と、ボク。

 

「わたし、拘束されてないと、興奮しないんです」と、ともこさん。

 

「あっ、そういうことですか~、わかりました。ボクはそういうの、全然大丈夫なんで」

 

ともこさんは、安堵の表情で、

 

「それじゃあ、今からさっそくホテル行きましょ!」

 

立ち上がったともこさんは、ボクの手を引っ張って、路地裏のラブホテルに連れてきました。

 

部屋に入ると、ともこさんはさっそく、カバンから目隠しと縄を取り出しました。

 

そして自分から服を全部脱いで真っ裸になり、ベッドに仰向けに寝ました。

 

「どうしたの?来なさいよ!」と、ともこさん。

 

ボクは、服を脱ぎながらベッドにあがって、ともこさんに目隠しをしました。

 

「好きなように縛って!」と、ともこさんに言われて、

 

ともこさんの両手首を、ともこさんのお腹の前でくくりました。

 

あと、片足ずつ、ひざを曲げた状態で、太ももの真ん中あたりで縛りました。

 

ともこさんは、仰向けで、目隠しをされて何も見えず、

 

手はお腹の前で縛られて、

 

両足もそれぞれ曲げた状態で縛られるという、

 

自分ではまったく身動きの取れない状態になっています。

 

ボクは、ともこさんのヒザに手を置いて、大きく開きました。

 

この恥ずかしい体勢で、黒木瞳似のともこさんは、ワレメから粘液を溢れさせていました。

きれいな熟女が、こんな恰好でお股をひろげている。

 

このシチュエーションで、ボクのおちんちんは、カチカチに膨張しています。

 

ボクは、充分に濡れているともこさんのアソコに、前戯なしで、固いペニスを挿入しました。

 

思った通り、抵抗なく、スルリと膣に吸い込まれました。

 

「あ~~ん!いきなり来るのね~~!いいわ~~」

 

と、ともこさんが叫びました。

 

ボクが腰を振ってピストン運動をするたびに、オマンコから、くちゅくちゅとイヤラシイ音が聞こえます。

 

「あ~~ん、かった~~い!おおきくて、かたいわ~~~」と、ともこさん。

 

ボクがおちんちんで、膣のなかの感触を、味わうようにして動かしていると、「もっと突いて~~~」と、ともこさん。

 

ボクは、リクエストにこたえるように激しく突きつづけました

 

「あ~~!ダメ~!いっちゃう~~」

 

拘束された黒木瞳似のともこさんは、お腹をピクピクと痙攣させながら、

 

「なかに、ちょうだい~~~」

 

と、叫びます。

 

ボクも逝きそうになってきたので、

 

「逝くよ」と言って、

 

ともこさんの子宮に向けて、おもいっきり精液を放出しました。

 

「いいわ~~~、子宮が熱いの~~」と言って、ともこさんはぐったりと力が抜けたようになりました。

 

ボクは、オマンコから精液が流れ出しているともこさんの、目隠しも、手足の縄も、そして、猿ぐつわを咬ませて、そのままトイレに行ったり、飲みものを冷蔵庫から取ってきたり、それを飲みながらテレビを見たりして、1時間くらい、ともこさんを放置してあげました。

 

ともこさんは、縛られながら犯されたことの気持ちよさの余韻で、放心状態になっていましたが、さすがに帰るときには、ほどいてあげました。

 

その後は、ともこさんから呼び出しがあるたびに、ラブホテルで会って拘束プレイをしてあげます。

 

ともこさんは、自分の思い描くセックスができるようになって、毎日がハツラツとしていると言っています。

 

出会い系サイトの出会いって、人を幸せにするんだなって、そう思いました。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX