大宮でダメと断られても、押し切れば熟女と乱交ができた

私、「無理っすよ」

 

先輩、「聞くだけ聞いてみて」

 

私、「聞くだけですよ」

 

職場の先輩がしつこいため、A子(仮名)に「先輩が一緒にエッチがしたいって言っているのだけど、ダメだよね?」

 

A子、「えー、嫌だ」

 

私、「ごめん、変なことを聞いて」

 

A子との会話は先輩に聞かせていたため

 

私、「だそうです」

 

先輩、「チェッ、つまんねーの」

 

私がA子と知り合ったのは今から半年前のこと、その頃の私は長年付き合った彼女と分かれ自暴自棄になっていた。

 

職場の同僚、「彼女の写真を見せてよ」

 

私、「彼女じゃねえよ、ただのセフレだよ」

 

同僚、「セフレの写真を見せてよ」

 

私、「嫌だよ」

 

先輩、「見せてやれよババアの写真を」

 

私がババアのA子と知り合ったのは某出会い系サイトPCMAX、若い私はそのサイトのプロフィールには偽りの情報しか載せていないのだが、ババアのA子は真正直に本名を載せている。

 

あまりにも同僚がしつこいため、A子とのハメ撮り動画を見せると

 

同僚、「俺もヤラせてよ」

 

先輩、「だろう、そうなるだろ」

 

私、「ダメだよ」

 

同僚、「聞くだけ聞いてみて、乱交はダメか」

 

私、「ダメに決まっているだろ、先輩との3Pも断わられたのだから」

 

先輩らと話していると「ピンポーン」、チャイムがなると玄関ドアの覗き窓を見た同僚が「ババアが来ました」。

 

私、「早く帰れよ」

 

先輩、「分かったよ」

 

先輩は渋る同僚を連れて帰ってくれた。

 

A子、「友達?来たら悪かった?」

 

私、「そんなことないよ」

 

連れて帰ったと言っても、私が住んでいるのは会社が一棟借り上げているアパート、私の部屋の東隣りには先輩が住んでおり、西隣りの部屋には同僚が住んでいる。

 

A子、「ここのアパートはいつ来ても静かね」

 

アパートが静かなのは、私とA子のことを耳を立てて聞いているから。

 

エッチをする前には必ずシャワーを浴びるため、廊下に居れば換気扇から出る蒸気でシャワーを浴びていることが先輩らにスグにバレる。

 

ベッドでエッチをしていると、両隣の部屋や廊下からは床が軋む音が聞こえるのだが、A子はエッチを聞かれていることに気付いていない。

 

A子、「さっき居たのは、会社の同僚?」

 

私、「そうだよ、先輩と同期入社の同僚」

 

A子、「先輩って、もしかして?」

 

私、「そうだよ、あの先輩が君と3Pをしたがったの」

 

A子、「・・・」

 

私、「先輩を見た感じ、どうだった?」

 

A子、「どうって、何が?」

 

私、「先輩を見て、エッチは無理と思った?」

 

A子、「別に何とも思わなかった」

 

私、「あの先輩と3Pは出来る?」

 

A子、「えー、私、3Pしたことない」

 

私、「僕だったしたことないよ、3Pは仮定の話し、どう?」

 

A子、「ここでするの?」

 

私、「興味はある?」

 

A子、「興味はないけど、するなら、何処でするのかなと思ったから」

 

私、「この部屋ではマズイ?」.

 

すると、A子は部屋を見渡し、

 

A子、「この部屋、壁が薄くない?」

 

私、「そんなことないよ、隣の部屋から音が聞こえたことはない」

 

A子、「そうね、音もしないし、足音も聞こえないわね」

 

音が漏れないと分かると、A子のアエギ声はいつもより大きくなった。

 

私、「気持ち良いだろ?」

 

A子、「うん、どうしたの、これ?」

 

私、「ネットで買った」

 

A子、「私のために?」

 

私、「当たり前だろ、君以外とはエッチしてないよ」

 

A子、「本当に?」

 

私、「ああ」

 

「ああ」とは言ったものの、すべてウソ。

 

A子のオマ◯コにハメているバイブは先輩から貰ったもの、A子とエッチをする前日には、先輩がナンパした女と3Pをした。

A子、「隣り部屋は誰かいるの?」

 

私、「どうして?」

 

A子、「たまに、床が軋む音がするから」

 

私、「気のせいじゃない」

 

A子、「・・・」

 

バックの体位でセックスをしていると.

 

A子、「廊下に誰かいない?」

 

私、「どうして?」

 

A子、「人影が見えた気がしたから」

 

私、「気のせいだよ」

 

気のせいだと納得してくれたのか、再びA子のアエギ声は大きくなった。

 

A子が人影に気付いたのは、バックの体位が廊下を向いていたから。

 

バックの体位を反対側にすると、廊下側にある玄関ドアが開いた。

 

玄関ドアを開けたのは3Pをしたがっている先輩、それと乱交希望の同僚。

 

先輩らはA子が気付いていないことを良いことに、セックスをずっと見ている。

 

私はA子に気付かれないよう、手で追い払うジェスチャーをするのだが、先輩らは覗くのをヤメない。

 

覗くのに刺激を求めた同僚が、玄関の中に入って来た、すると、続いて先輩も入って来た。

 

私は口パクで「マズイですよ」と言ったのだが、先輩らには伝わらない。

 

悪ふざけのつもりだったのかもしれないが、先輩が部屋に上がると床が軋み音がした、すると、バックの体位でペニスをハメているA子が音に気付き振り向いた。

 

A子、「キャー、誰かいる!」

 

私、「・・・」

 

先輩、「・・・」

 

同僚、「・・・」

 

マズイとは思ったのだが、もう少しでイキそうだった私は、フィニッシュにむけて腰を激しく振ると、

 

A子、「誰かいるって」

 

私、「・・・」

 

先輩、「・・・」

 

同僚、「・・・」

 

お構いなしに腰を激しく振り続けていると、

 

先輩、「俺も良い?」

 

私、「どうする?」

 

A子、「ダメに決まってるでしょ」

 

同僚、「僕もダメ?」

 

「僕も」と言われると、誰が言っているのか気になったのか、再びA子が振り向くと、A子が目にしたのはペニスをシコシコする先輩と同僚。

 

振り向いたA子が先輩らから目を反らしたのは、先輩らは勃起していたから。

 

私、「僕は別に構わないよ」

 

同僚、「本当に?」

 

私、「うん」

 

先輩、「俺も良いの?」

 

私、「はい」

 

先輩、「じゃあ、ヤロウぜ」

 

すると、先輩と同僚は、私とA子がセックスをしているベッドに上がって来た。

 

A子、「ダメだって」

 

A子は、先輩らに体を触れるのを嫌がっているのだが、私とのセックスはヤメようとはしない。

 

相変わらず激しく腰を振っていると疲れてしまったため、同僚に変わってもらった。

 

同僚に変わるとA子は気付き、「ヤメて!」と言ったが、このシチュエーションだと、どんな女も「ヤメて!」と言う、しかし、このシチュエーションでセックスをヤメることはない。

 

ヤメずにセックスを続けていると、観念したのかA子は何も言わなくなった。

 

先輩、「俺にも変わって」

 

先輩に変わっても、一度観念したA子は何も言わない。

 

再びA子が振り向いたのは、新たな足音が聞こえたから。

 

先輩、「お前らも来たのか」

 

後輩、「はい」

 

私「女の顔は撮すなよ」

 

後輩、「はい」

 

撮られながらの乱交が気に入ったのか、A子との関係は1年経った現在も続いている。

PCMAX登録はこちらから