大宮でストッキングをはいたままバイブオナニーを見せつける40代中村静香さん似の人妻との体験談

僕は30代で派遣の仕事をしていて、彼女はいません。

 

でも今はさみしくありません。

 

というのも、年上の40代前半のセフレのすえもりさん(仮名)かいるからです。

 

顔は芸能人の中村静香さんっぽいですが、巨乳ではありません。

 

でもスタイルはスラッとしていて、身長も165センチと高めです。

 

最初はPCMAXでの募集に応募したのが、きっかけです。

 

今すぐ会える人の掲示板で、すえもりさんという女性が平日昼間にというので応募してました。

 

彼女は、男なら誰でもよかったらしく、すぐ会えました。

 

1回目は普通にセックスをして、変態なところは何もありません。

 

僕は早漏ですが、何とか我慢もできて、いい感じでした。

 

でも、彼女は二回目から変態を出してきました。

 

その日も待ち合わせの銀行の駐車場で会って、すぐそばのホテルへ入りました。

 

僕が先にシャワーを浴びて待っていたら、すえもりさんがシャワールームからでできました。

 

上半身は裸で、下は紫のパンティーにストッキング、黒のヒールをはいています。

 

僕の前でくるっとお尻を見せると、くねくねと腰を動かしながら

「どう、いやらしい?」

「いやらしいです。」

くねくれねさせたり、がに股になったりとデカ尻がいやらしいです。触ろうとしたら、

「まだだめ、ソファーに前に立って。」

 

といい、すえもりさんはソファーに座りました。

 

僕はソファーの前に立ちました。

 

すると、カバンからバイブをとりだしながら

 

「私がオナニーするのそこでみてて。」

 

と、バイブをパンティーの上から押し当ててオナニーを始めました。

 

女性のオナニーを見るのも初めてなので、勃起しだしています。

 

最初は上からでしたが、自分で股の部分を破きました。

 

そしてパンティーをずらして、クリトリスへとバイブの先を当てています。

 

「はぁはぁ。これだけでも気持ちいいわ。」

 

とスケベな顔で僕を見ています。

 

「ねぇ、あなたもしこってよ。はやくぅ。ほらっ」

 

と言われたので、僕もしこり始めました。

 

そして、しばらくしたら、あそこの中へとバイブを入れ始めました。

 

ずぼずぼと出したり入れたりしながら、

 

「スイッチ入れるわよ。この小さいのがクリトリスに当たるようにするのよ。見てて」

 

スイッチを入れて、さらに奥へとバイブを入れると、別の小さな突起部分をクリヘと当てています。

 

「あぁ、やばっい。気持ちいい~」

 

と声をあらげています。

 

両足ともソファーに上げて、かなり開いていて丸見えです。

 

さっきよりも激しく入れたり出したりしてて、とうとう、いくっうと叫んでいっいました。

 

僕も激しくしこりたくなりましたが、早漏だし本番もしたいので我慢です。

 

「ほらっ手を止めないで。こういうのはどう?」

 

とバイブを奥まで入れて、その根本にパンティーを被せました。

 

そして、手を離すとパンティーが伸びきって、バイブを支えるような形です。

ますます、いやらしいです。

 

すえもりさんはそのまま僕のところまで来て、M字開脚の格好で、座りました。

 

そして、僕の息子をフェラしだしたのです。

 

フェラのじゅるじゅるという音とバイブの音、すえもりさんのあえぎ声が部屋に響いてて、興奮しています。

 

「どう気持ちいいの?気持ちいいの?」

 

「とってもいいです。おお。」

 

と僕まであえぎ声も出てしまいました。

 

「じぁこれは?」

 

としごきながら、金玉を吸出しました。

 

「すえもりさん、もっと吸ってぇ~。」

 

とお願いしてしまいました。

 

すえもりさんも吸いながら、しごくのがはげしくなっていて、さらに自分でもパンティーの上からバイブを動かしています。

 

「ああ、もうダメ。いくっ~。」

 

としごきながら、またいっていました。

 

はぁはぁと息も荒くなっていましたが、しごくのを止めるとソファーへ戻りました。

 

ソファーに四つん這いの格好でお尻を見せつけると、またバイブを激しく動かしています。

 

もう僕も我慢できなくなって、自分で激しくしこしこしています。

 

とうとうがまんできなくて、

 

「すえもりさん、もう出そう。」

 

「私のお尻にかけて、ほら。」

 

我慢できなくて、本当にデカ尻に出しちゃいました。

 

大量に出て、お尻からザーメンが垂れています。

 

お尻にかかったザーメンをさわりながら、

 

「すっごぉい。こんなに出したの。いやらしいわね。」

 

これで終わったかと思いましたが、まだ勃起しています。

 

それをみて、すえもりさんはティッシュで拭きながら、まだできそうねといってコンドームをはめてくれました。

 

そして、お尻をつきだして、

 

「バイブを抜いて、おまんこにいれて。」

 

僕がバイブを抜きましたが、こんなに大きいのが入ってたなんて。それからちんちんを入れました。

 

「固いわぁ、気持ちいいわ。」

 

と絶叫です。

 

たちバックでカンガンと突いてやりました。

 

大きなお尻が揺れて、これがかなり気持ちいいです。

 

それから、立ったまま正面から入れたり、ソファーに座って騎乗位もしました。すえもりさんは、パンパンと激しくお尻を打ち付けてきます。

 

「すえもりさん、激しいってば。ああ。」

 

「はぁはぁ、これいいわ。」

 

最後は、ソファーに彼女を寝かせて正常位をしました。

 

気持ちよかったのですが、だんだんと萎えてきて、中折れしてしまいました。

 

「あらあら、弱くなったわね。また今度にしましょうか。はあはぁ。」

 

と優しい言葉をかけてもらい、抜くとすえもりさんがきれいにちんちんも拭いてくれました。

 

最後は一緒にシャワーを浴びて、ホテルを出ました。

 

それからも、ストッキングをはいたままのオナニーを見せつけられたり、パイズリや素股をされたりしています。

 

それだけで射精するときもあります。

 

本番まで、いやらしすぎて、射精を我慢するのが大変です。

 

本番してもすぐに出してしまいます。

 

彼女は、僕が人生で出会った女で、一番ドスケベです。

アフィリエイト