埼玉川口でワンナイトラブで刺激を求める女性たち!48歳山口智子似の喘ぎ声がエロい熟女との出会い

大人の女性とのエッチの時のあの喘ぎ声は、なんであんなにエロいんだろう…

 

きっと彼女たちは,一度きりのワンナイトラブで、思う存分に普段の自分を解放したいから弾けているのかな。

 

もしくは非日常的な恋の刺激に、虜にされているからですかね。

 

彼女たちの自由奔放で、欲望に任せるままに行動するエネルギーに圧倒されてしまいます。

 

僕が出会い系サイトPCMAXで2ヶ月ぐらい前に知り合った彼女の喘ぎ声も、相当エロかったです。

 

彼女とは、サイト内の掲示板の僕の募集を見つけてくれて、メールをくれてのが出会いの始まりになりました。

 

「歳上女性に憧れていて、いろんな話がしたいです。」

 

「掲示板を見つけました~。私も歳下の男性と仲良くなれたらと思っているの~」

 

彼女は48歳の既婚女性で、子育てが終わって今はアクセサリーの販売の仕事をしているらしく、以前までは職場不倫を楽しんでいたのですが、車内でバレて大変な思いをしたらしく、それ以来、出会い系サイトでこっそりと一度きりの恋を漁っている感じです。

 

「仕事は楽しいですか?」

 

「仲間たちはみんな仲良しなので~」

 

彼女は僕よりも歳上ですが、歳上っぽさを感じさせない明るい女性で、ラインに切り替えて写メ交換して送られてきた写メも、笑顔が素敵なちょっと色気のある女性でした。

 

歳上の女性の魅力がたっぷりで、思わずドキドキしてしまった!

 

ラインになるとお互いの恋愛遍歴やエッチの話が中心になり、

 

「恋は好きなんだけど、ちょっと面倒くさくってやっぱり一度きりの関係のほうが燃えちゃうのよね」

 

次の週には一緒に飲みに行く約束となり、川口駅改札口で待ち合わせ場所で待っていると彼女か現れました。

 

山口智子似の茶髪が似合うショートカットの女性で、親しみやすそうな女性で、思ったよりも若そうでした。

 

こんな彼女が、こっそりとワンナイトラブを楽しんでるなんて、想像できないです。

 

軽く食事をしてから静かなバーに行った頃には、すっかり意気投合していました。

 

「絶対にワンナイトなのですか?」

 

「そうね…特定の相手が欲しいと思う時もあるんだけど、過去にひどい目にあったから!」

 

そう言いながら僕の手を握ってきたので、そのまま手をつないでホテルへ行きました。

 

「女性には、今のドキドキ感と、これからの期待感がたまらないの~」

 

と言いながらも、自分から服を脱いでシャワーを先に浴びにいきました。

 

後ろから見た彼女のお尻の形は、まさに女盛り真っ只中で、つくづく一度きりでは惜しい…

 

僕もシャワーを浴びて、ベッドに入ってからキスをすると、彼女もキスが好きらしくすぐに情熱的な深いキスを長い時間楽しんでいました。

 

しばらくして首筋を舐めながらバストを揉むと、

 

 

「アアッ~、イイ、アッ、アッ」

 

 

とすぐに悩ましい声をあげ始めました。

 

少し鼻にかかった感じだけど、その声を聞くとたまらなく愛らしくなってしまい、ゆっくり挿入して腰を動かすと、声のトーンが一気にあがり、部屋中に響く大きな声をあげて悶えていました。

 

彼女とのエッチは、まさに無我夢中でお互いを貪りあう感じで、彼女も本能のままに恥じらいもなく僕の身体を求めるまくっていました。

 

本能のままにエッチで乱れるのって、やっぱりエッチの経験が必要だし、それを見せてくれる大人の女性ってとっても素敵です。

 

あまりにも官能的だったので、

 

「もう一度だけでも会ってくれませんか?」

 

とお願いしたのですが、彼女は悲しそうに首を横に振るだけでした。

 

ホテルの部屋を出る前に彼女と交わした最後のキスは、お互いに感謝の気持ちともう二度と会えない悲しさとで、とても感動的で情熱的なものでした。

 

川口駅で別れてすぐに彼女のラインへメールを送りましたが、既に不通となっていました。

 

今でも彼女に似た女性を街で見かけると、思わず声をかけたくなる衝動に駆られてしまいます。

 

アフィリエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です