埼玉、大宮のラブホで43歳熟女がオナニーを録画してそれを見ながらセックス、そして、「ちんこで頬をぶって下さい」と嘆願する変態熟女

40代の人妻とは、何度かお付き合いをしてきましたが、その中でもちょっと変わった性癖の持ち主がいました。

 

一見清楚系の43歳の女性で、子どもはいないDINKSのご家庭。

 

だけど旦那さんは奥さんに飽きてしまったのか、ずっとセックスレスな関係で、出会い系サイトで気に入った男を捕まえて、一夜共にする事が多いとの事でした。

 

実際、私との出会いも、よくある出会い系サイトPCMAXした。

 

最初のメッセージのやりとりでお願いがあると話を切り出されたので、条件付きの出会いかと最初は勘違いしましたが、そのお願いは予想の斜め上をいくものでした。

 

「私のお願いは、お金じゃなくセックスの最中にある事をいくつかして欲しい」というものだったのです。どんなことをお願いしても引かないで欲しいという事だったので、興味を持ち、私は彼女と会うことにしました。

 

待ち合わせは桜木町駅の改札口。現れた彼女は、スタイルも決していいわけじゃなく、太めでもなくという感じの人でした。43歳という年齢だったけど、身体も緩んでいない感じで、出逢い系で男を漁るような印象は欠片もない近所に住む奥さんというのが第一印象だったのです。

 

ラブホに入るなり切り出されたものは、まず自分のオナニーする姿を録画して欲しいというものだった。

 

 

そして、実際にセックスする時は、自分がオナニーしている姿を流しながらして欲しいというものだったのです。

 

 

まあ、オナニー観賞も悪くないですし、自分の喘ぎ声を聞いて羞恥心を刺激されるセックスしたいという人なのだろうと思いました。

 

 

激しく喘ぐ彼女のオナニー撮影が終わり、その姿を部屋に備え付けのテレビに流しながらセックスをしはじめると、さらに彼女はお願いをしてきました。

 

 

「私の顔を、オチンチンでぶってください」

 

唐突なお願いでしたけど、私は自分のモノの根元を持って彼女の頬をソレで打ちました。

 

 

彼女が求めるままに、何度も、何度も……。

 

PCMAX

 

先走り汁が彼女の頬にこびりつき、汚れていく。

 

 

後で聞いた話だけど、彼女はそんな風に精液以外の男の臭いのするもので汚してもらうと興奮するのだというのです。

 

彼女はその後、自分の顔を殴打しまくった私のモノを美味しそうにしゃぶり、自ら望んで顔射されたのでした。

 

男の臭いに塗れて、そして自分の乱れる姿と喘ぎ声を聞きながらのセックスを望む彼女は、一晩中そんな事を私に求め続けました。

 

しまいにはオナニーする姿の撮影ではなく、私とのセックスする様子もハメ撮りし、それをテレビで流しながらするようになったのです。

 

そうすることで、彼女は身も心も汚された気分になるのだというのです。

 

セックスもナマで求め、中だしはダメだけど顔か身体に精液を振りまいて欲しいというのでした。

 

それを拭うのではなく、身体に塗りまくり、そして新たな精液を求め続けてきました。

 

 

そして最も勃起した頃、同じように私のモノで顔を叩かせるのです。

 

寝ることも許さず、一晩中彼女はそうした行為を私に求め続けました。

 

徹夜でセックスするなんてそうないのですが、空が白みかけるまで彼女は夫のものではない私の精液で汚され続ける事を望んだのです。

 

さすがに腰が痛くなり、アソコも痛みを感じ、ヒリヒリするようになってしまいました。

 

当然、喘ぎ続けた彼女の声も枯れ気味で、ベッドはシーツにこびりついた精液と愛液の臭いで満ちていました。

 

そんなベッドの臭いは、彼女の理想なのだと、汚れた身体をお風呂で洗い流す時に疲れた声で僕に話してくれました。

 

彼女は、そんなちょっと変わった性癖の女性でした。

 

同時に、彼女は1度きりしか関係を持たず、汚して欲しくなったら、また出逢い系サイトで相手を探すのだそうです。

 

未だに彼女の写真は出逢い系サイトにあり、時折、掲示板で男を求めるメッセージを書いてはその性癖を満たしてくれる男を求めているようです。

 

PCMAX