越谷でSNSに出ている通りのビッチな48歳熟女

出会い系サイトPCMAXのプロフィールに、顔を手で隠す女がいた。

 

プロフィールには48歳と書いてあり、本当に48歳なら私と同い年。

 

世間一般での48歳はオッサンとオバハンだが、同い年だとそうは思わない。

 

私、「今日は何をしているの?」

 

女、「何もしてない」

 

私、「旦那さんは仕事?」

 

女、「たぶん」

 

私、「たぶんって、どういうこと?」

 

女、「夫婦の会話がないの」

 

夫婦の会話が無いなら、夜の営みもしていないだろうと思い誘ってみた。

 

私、「今から会わない?」

 

女、「迎えに来てくれるなら会っても良いよ」

 

私、「どこへ行けば良い?」

 

女、「〇〇駅に来て」

 

私、「ずいぶん田舎に住んでるね。〇〇駅って、最近になって、ようやくマンションが建ったよね?」

 

女、「マンションのことを知ってるの?」

 

私、「うん、知ってる」

 

女、「マンションを知っているなら、駅じゃなくて、マンションまで迎えに来て」

 

私、「もしかして、あのマンションに住んでるの?」

 

女、「そうだよ」

 

今まで出会い系サイトで沢山の女性に会ったが、どこに住んでいるかを教えてくれた女性はひとりもいない。

 

彼女は会ってもいないのに、住んでるマンションを教えてくれた、とは言うものの懐疑的。

 

そのマンションに行ってみると、気怠そうな女がエントランスでタバコを吸っていた。

 

エントランスの外なら、マンションの住人ではない可能性もあるのだが、女がいたのはエントランスの中。

 

エントランスに入るには、オートロックを解除する必要があり、本当にマンションの住人かもしれない。

 

私が女に手を振ると、女はタバコを咥えたままマンションから出て来た。

 

女、「この車、タバコを吸っても良い?」

 

私、「タバコもチンコも自由に吸って良いよ」

 

女、「・・・」

 

女は何も言わなかったが、少し笑ってくれた。

 

女を乗せた私は、とりあえず車を走らせた、なぜなら、マンションには女の旦那さんがいるかもしれないから。

 

女のために車の灰皿を出してあげると、

 

女、「使ってないじゃない」

 

私、「気にしないで、社用車だから」

 

私が乗って来た車のボンネットには、会社のロゴが描かれているため、

 

女、「貴方、〇〇で働いているの?」

 

私、「そうだよ、知ってるの?」

 

女、「知ってるわよ、有名な会社じゃない」

 

有名な会社で働いている者なら、オカシナことはしてこないだろと思ったらしく、私は女をラブホテルに連れて行くことが出来た。

 

ラブホの駐車場に着くと

 

女、「ラブホの駐車場に社用車を停めちゃって大丈夫?」

 

私、「大丈夫、前から突っ込めば会社のロゴは見えないでしょ」

 

午前11時でラブホの駐車場は、ほぼ満車、他の車は後ろ向きで車を停めているのだが、私が乗って来た車だけ、会社のロゴを隠すために前向きで車を停めた。

 

初めての女の場合は、見栄を張って料金が高めの部屋にするのだが、彼女の場合は一番安い部屋にした。

 

利用したラブホテルは高層階だと眺めは良いのだが、料金が一番安い部屋は眺めが悪く、部屋にはベッドしかない。

 

部屋に入るや否や、私は彼女をベッドに押し倒すと、

女、「ちょっと、何をするの?」

 

私、「・・・」

 

女、「洋服が破れちゃうじゃない」

 

私、「・・・」

 

女、「無理やり引っ張ったら、下着が伸びちゃうじゃない」

 

私、「・・・」

 

女、「シャワーくらい浴びさせてよ」

 

私、「・・・」

 

女、「痛いって」

 

私、「・・・」

 

女、「乱暴なことはヤメて」

 

私、「・・・」

 

女、「ちょっとヤメて」

 

私、「・・・」

 

女、「フェラチオなんてしないわよ」

 

私、「・・・」

 

女、「息が出来ない」

 

私、「・・・」

 

女、「(オエッ)」

 

私、「・・・」

 

女、「コンドームを付けてよ」

 

私、「・・・」

 

女、「妊娠をしたらどうするの?」

 

私、「・・・」

 

女、「ダメだよ、中でイッたら」

 

私、「・・・」

 

女、「絶対ダメだからね」

 

私、「・・・」

 

女、「ダメって言ったのに」

 

私、「・・・」

 

女、「ちょっとどいて」

 

私が中出しをすると、女はシャワーを浴びに行った。

 

女が浴室にいる間、女が持って来たカバンの中身をチェックしてみると、身分証が入っており、それに書いてあった住所は、迎えに行ったマンションと一致した。

 

女は実名で出会い系サイトのプロフィールに登録をしていた。

 

女に会う前に、SNSで女のことを調べると、〇〇駅の近くにあるマンションには、簡単にヤレる熟女が住んでると書いてあった。

 

SNSには他にも、速攻でハメた、コンドームを付けずにヤラしてくれた、中出しをさせてくれたとも書いてあったため、試しにチャレンジしてみると、彼女はSNSに書いてある通りの簡単にヤレる熟女だった。

 

浴室から出て来た彼女に、「SNSに君のことが出てるよ」と教えてあげると

 

女、「知ってるわよ」

 

私、「SNSのことは旦那さんも知ってるの?」

 

女、「旦那もマンションの住人も知ってるわよ」

 

自分の妻がSNSに簡単にヤレると書かれていたら、夫婦仲が悪くなるのも理解出来る。

 

しかし、私にとっては赤の他人。

 

2発目も中出しをさせてもらったが、彼女は嫌がる素振りは見せなかった。

 

私、「ハメ撮りも良い?」

 

女、「嫌だって言ったら、撮らない?」

 

女が拒んでも、簡単にヤレる女に遠慮は不要と思い、ハメ撮りもした。

 

休憩タイムをフルに使うと、満車だったラブホの駐車場はガラ空き。

 

女、「社用車が目立つね」

 

私、「目立っても良いよ」

 

女、「あの社用車、貴方のではないでしょ?」

 

私、「バレたか」

 

出会い系サイトで女を信じさせるために、企業のロゴが描いてある中古車を格安で入手した。

 

ハメ撮りした動画は、自身の顔だけ消して、知り合いに売った。

PCMAX登録はこちらから