朝霞で雨が降ると体がゾクゾクする47歳の熟女

出会い系サイトPCMAXで知り合ったエミ47歳(仮名)を一言で表すと「影のある女」、初めて待ち合わせをした時も、2回目に会った時も雨がシトシト降っていた。

 

「ごめんね、遅れて」、待たされるのは構わないのだが、2回ともエミの髪は濡れていた。

 

傘は持っているが差さないエミ、どうして差さないのか、なぜ、いつも濡れているのかは気になるが、言いたくないこともあるだろう。

 

「3月に会ったエミだけど覚えている」、エミからメールが届いたために3ヶ月ぶりに会うことにした。

 

窓をノックするエミ

 

エミ、「乗っても良い?」

 

私、「うん」

 

エミ、「ごめんね急に呼び出して」

 

私、「どうかした?」

 

エミ、「別に用はないけど暇だったから」

 

3回目に会った時も、エミの髪は濡れていた。

 

私、「タオルを使って良いよ」

 

エミ、「大丈夫」

 

私、「風邪引くよ」

 

エミ、「・・・」

 

行き先はいつもと同じラブホテル。

 

雨の日はやることがないのか、ラブホテルは満室。

 

私、「他へ行こうか?」

 

エミ、「すぐ空くわよ」

 

私、「寒くない?」

 

エミ、「寒いのは平気」

 

5分ほど車の中で待っていると、満室の表示は空室に変わった。

 

私、「お風呂を入れるね」

 

エミ、「うん」

 

浴室から戻って来ると、エミはベッドに座り手首を触っていた。

 

エミの手首にはリスカの跡がある、雨が降ると古傷が痛むと言うが、痛むのはリスカの傷跡だろうか、それとも、メンタルだろうか?

 

私、「お風呂沸いたよ」

 

エミ、「・・・」

 

私、「お風呂に入ったほうが温まるよ」

 

エミ、「・・・」

 

初めてエミと会ったのは梅雨の頃、その時のエミも悩みを抱えてる雰囲気で、エッチをする気があるのかどうか分からなかったため、私は無理やりエッチをしてしまった。

 

無理やりエッチしたら大声で叫ばれたため、口を押さえたらエミは静かになった。

 

レイプまがいのことをしてしまったため、それっきりになると思っていたのだが、それから3ヶ月後の6月に「エミだけど覚えている?」とメールがあった時は驚いた。

レイプまがいのことをしてしまったため、復讐に来たのではと思ったのだが、待ち合わせ場所に現れたエミは雨で髪が濡れ、呼んでおいて元気がなかった。

 

呼ばれて行ったのに、何がしたいのか分からないと苛立ってしまい、2回目もレイプまがいのことをしてしまった。

 

手首のキズと雨は、何か関係しているのだろうか?

 

私、「お風呂に入って来なよ」

 

エミ、「・・・」

 

前回も前々回もエッチをしているため、肌になることを今さら恥じらうことはないと思うのだが、エミは風呂に入ろうとしない。

 

私、「何がしたいの?」

 

エミ、「・・・」

 

私、「誘ったのは君からだよね、今回も前回も」

 

エミ、「・・・」

 

雨の日は、ただでさえイライラすることが多いため、何を聞いてもリアクションが弱いエミにイラつき、またしてもレイプまがいなことをしてしまった。

 

無理やり犯されるのが嫌なら大声を出すなど抵抗するだろうが、レイプまがいのことをするとエミは「ヤメて!」とは言うものの、アソコはメッチャ濡れている。

 

レイプにイラマチオは定番、エミの口に勃起したペニスを突っ込むと、亀頭が喉奥にあたりエミは嘔吐。

 

嘔吐でベッドシーツは汚れたのだが、その上にエミは倒れ、開(はだ)けたスカートを手で戻した。

 

ベッドでエミは「もうヤメて」とは言うものの、ベッドから逃げようとはしない。

 

2回もレイプまがいのことをされといてスカートを履いて来るのだから、エミはレイプ願望のある女。

 

レイプ願望があるのだから、シャワーを浴びてからエッチをしたらテンションは上がらない。

 

レイプ願望のある女にコンドームは不要、レイプに思いやりも不要なため、3回目のエッチも最後は中出し。

 

エッチを終えた私は、そそくさと1人でシャワーを浴びた。

 

浴室はガラス張りのため、ベッドで横たわるエミを見ることができ、エミは泣いていた。

 

本当に泣いていたのかどうかは分からない、レイプ願望のある女にとって、最後に泣くことは一連の流れなのだから。

 

浴室から出た私はエミに、「邪魔だから、シャワーを浴びて来いよ」

 

エミがシャワーを浴びている時に、エミのブログをチェックすると、雨の日にレイプされたことがトラウマになり、今も雨が降ると体がゾクゾクすると書いてあった。

 

PCMAX登録はこちらから