大宮で出会い系サイトで出会った46歳の高島礼子風熟女とアナルセックス

私は出会い系サイトを頻繁に利用します。

 

基本的に私は熟女、人妻系をターゲットに、好みの女性を選びますが、今回お話する内容はPCMAXを利用した際の体験談となります。

 

●出会い系サイトから熟女と出会えることになりました。

 

いつも通りにサイトへログインして、30代以降の女性を中心に、プロフから検索していきます。

 

そして数名のお気に入り女性に対してファーストメールを送った際、一人の気になる熟女から返信がありました。

 

彼女は46歳の熟女であり、プロフには「最近寂しい毎日を過ごしているため、楽しく時間を過ごせる男性を募集中」とのタイトルです。

 

メールのやり取りを続けていきますが、特に厭らしい話も無く、サクラや業者的な感じもしなかったので、約2週間後に私の方から「一度会って楽しく飲みにでも行きませんか?」と切り出します。

 

既にお互いの信頼関係は得ているところもありましたので、彼女はあっさりOK。

 

何とか出会いまで辿り着きました。

 

●彼女は、昨年離婚したバツイチ女性でした。

 

出会い当日、繁華街にある大きな公園脇の派出所で待ち合わせ。

 

彼女はほぼ予定通り現れました。

 

プロフに写真が載っていなかったのでドキドキはしましたが、結構な美人で女優で言うと、高島礼子風で、私はとても満足感で一杯となります。

 

その後約束通り一緒に飲み屋に向かいました。

 

特に緊張感もなく、彼女も気さくに話しかけてくるため楽しい飲み会となりました。

 

彼女からの話は、どうも昨年夫と折り合いが悪くなり離婚したとのことです。

 

理由は、旦那の浮気が原因みたいで、夜も帰宅する時間は遅く、帰らない日々もあるくらいで離婚を決断したとのこと。

 

概ね3時間はお店にいたと思います。

 

結構彼女は酔いが回り、エロ話に花が咲きます。

 

そして、「こういう出会いって、この後どうするの?」と質問してきました。

 

私は「普通ホテルに行くのが一般的「」と、冗談混じりに言ったつもりですが、「よし、行こう」とお酒の勢いで答えているのかどうか判りませんでしたが、彼女は陽気に答えました。

 

とりあえず、思惑通りと自分に言い聞かせながらホテルへ向かいます。

 

●彼女はアナルが大好きです。

ラブホテルのエレベーターからキスを始めました。

 

そのまま部屋へなだれ込み、お互い服を脱がせ合いキスを続けます。

 

しばらくしてから、一緒にシャワーを浴びました。

 

彼女は、私の身体を洗いながら、同時にペニスをシゴク様に洗ってきます。

 

そして、今度はアナルに指を入れ、出し入れ始めました。

 

思わず声の出た私に対して、「アナル好きなの?」と言い、続けて「アナルセックスしない?」と付け加えました。

 

どうも彼女は、そっち系見たいです。

 

シャワーから出て、そのまま彼女を四つん這いにさせ、彼女のアナルを私は舐めまくります。

 

そして、ここからはアナルセックスに向けての準備に入ります。

 

指をゆっくりと、1本、2本と入れていきます。

 

想像以上に彼女もアナルは緊張も無く、全て簡単に受け入れてくれそうな、遊び慣れたアナルと確信しました。

 

その後69となり、お互いのアナルを舐めあいます。

 

そして、彼女を再度四つ這いにさせてバックからアナルを突きました。

 

全く痛がるよう様子もなく、むしろ官能の世界に彼女は入り込んでいます。

 

「いいー、いいー、アナル―、もっと突いて」と悶え始めています。

 

その後は騎乗位となり、『アナルの何処に当てれば感じることが出来るか』、自分なりに判っているかのように彼女は腰を振り続けます。

 

そして最後は正常位から、彼女の尻の上に、私のすべての精子を吐きだしました。

 

彼女はしばらく放心状態でグッタリとしていました。

 

出会い系サイトで出会う女性は、アブノーマルな癖を持っている方が一杯います。

PCMAX登録はこちらから