大宮で出会い系サイトで、やたら見せたがる40歳友近似の変態熟女看護師

出会い系サイトでは、熟女を中心に出会いを重ねています。

 

ここで出会う女性は比較的割り切りを求める女性が多く、その女性とセフレとして長く付き合いだすと、徐々にプレーもエスカレートしていくものです。

 

出会い系サイトで出会えた熟女は、50歳の看護婦長

 

熟女との出会いを求めるなら、出会い系サイト『PCMAX』が最高です。

 

そこで一人の熟女と3年ほど前出会い、今でもセフレとしてお付き合いしています。

 

彼女は現在40歳でとある病院で看護婦長しており、今はシングルマザー。

 

ちょっとだけお笑い芸人の友近に似ている感じです。

 

当時出会い系サイトでは彼女から足あとを付けられ、やり取りがスタートします。

 

初めは誰でもやるような世間話程度からスタートすると、段々彼女の今の現状を訴えるような『最近は一人で寂しくなる日が多い』と言ってきました。

 

自分は、『問題無ければ、一緒に食事にでも行って楽しくお話でもしませんか』と誘うと、彼女はその誘いに乗ってきます。

 

出会い当日彼女は現れます。

 

想像していた女性よりかなり清楚な感じで、スタイルはスリムでありながら出るところは出ているといったナイスボディで、出会った早々自分は心が高揚したことを覚えています。

 

軽く挨拶を交わした後一緒に飲み屋に入り、お酒を飲みながら楽しいひと時を過ごしました。

 

概ね2時間もするとお互いかなり酔っぱらていますが、どうも彼女は少し酒癖が悪いみたいで、やたら自分の体をボディタッチ。

 

しかも手や膝元をタッチするのではなく、自分のサオをズボンの上から擦ったり、握ったりとかなりスケベ癖が強い一面を表し始めました。

 

既にパンツ中で我慢汁が垂れだしていることを認識しはじめ、辛抱出来ず彼女をホテルへ誘い、その日は難なくセックスでお互い何度も逝くことが出来ました。

 

彼女とのセフレの関係が続き、アブノーマルな変態熟女の顔が見えだします

 

その後、彼女とはセフレとして定期的に会うことになります。

 

そして以前彼女とセックスをやるきっかけになったスケベ癖は特に酒癖ではなく、彼女の性癖の問題と気づきました。

 

一緒にデートしている最中、運転中にいきなりサオを擦り、その後フェラをすることは日常茶飯事。

先日はいきなり観覧車の中で、大きく足をМ字に開脚させパンティーを見せながらクリを弄り出したり、またある日は運転中にスカートを捲り、Tバックを運転中の自分に見せつけながらいきなりオナニーを始めだしたりと、それは完全アブノーマルな変態熟女であることに間違いありません。

 

彼女の誘いに、いつも興奮し捲りです。

 

先日自分の妻へ出張があると嘘をつき、お忍びで彼女と遠方の旅館へ宿泊。

 

彼女は食事の準備をしてくれる仲居さんの目を盗みながら、自分へわざと見えるように足を開脚させパンティを見せつけます。

 

仲居さんにバレるのではないかとドキドキしますが、その後仲居さんが部屋を出ていくと、『こっちも早く食べて欲しいわー』と言いながら、今度は四つん這いになり、パンティを脇にずらしアナルとマンコを両手で開いて見せつけます。

 

かなり変態な熟女です。

 

そして『そこのお刺身、お尻に並べて一緒に食べて欲しい』と言われ、自分はマグロやカツオなど数種類の刺身を彼女の尻の上に乗せ、醬油をかけます。

 

『アーン、くすぐったい』と、醤油が尻の上を流れていることにかなり興奮してます。

 

自分は刺身を食いながら、一緒に彼女のアナルや、アワビも舐めてあげます。

 

『アっ、そうそうよ…イイー』と彼女は悶絶し、アソコからラブジュースがこぼれ始めています。

 

そんな姿に我慢出来ず、自分は食事もそこそこに彼女をバックで犯し始めした。

 

中高年熟女ではありますが、かなり締まりの良いマンコへあっという間に中出し。

 

彼女は自分とセックスする日はピルを服用しているので安心です。

 

それにしてもこんな変態熟女との情事は、毎回興奮の連続でたまりません。

 

変態熟女と出会いたいなら

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

PCMAX登録はこちらから